手相の見方ここにあり−>反抗線−>反抗線
TOP | 携帯版 | 手相鑑定を実施しています |


トップ > 反抗線 >反抗線
手相画像(メイン):反抗線−>反抗線 title=

手相の見方ここにあり![反抗線]占い

反抗線


反抗線(はんこうせん)は感情線の下に手の側面から上に立ち上がるようにして昇る短い線です。
その人の持った反抗的気質を現しています。
この線が刻まれている人は、人に対して反抗的な態度をとりがちな性質をもち、また非常に正義感の強い人にも現れます。

線の末端が上向きになると、反抗的な気質が強くなると言います。

また、反抗線の末端に刻まれる複数本の縦線を「忍耐線」といい、敵意を持って当たられても限界まで耐える相です。
筆者はこの忍耐線が刻まれているのですが、境遇的に耐えて耐えて耐えて耐えて耐えて(ry)な状態で苦節苦渋の3年間、必死に生きてきました。
それが最終的には良い結果を招くと言いますが・・・どうでしょうね。
この線と類似する線としては「仕事線」が挙げられます。
仕事線と反抗線とを見分ける方法としては、「反抗線は手の側面部分から生じる」という事を念頭に置いておけば良いと思います
<<前の記事|後の記事へ>>>


■関連する実際の手相鑑定
00463 /
■サブメニュー
手相画像反抗線
反抗線
手相画像反抗線が上向きに刻まれている
反抗線が上向きに刻まれている
手相画像反抗線に対して忍耐線が刻まれている
反抗線に対して忍耐線が刻まれている

トップ > 反抗線 >反抗線

Copyright (c) 2004-2017 omoti inc.
当サイトで使用している画像・記事は無断転用禁止です。
当サイトで使用しているすべての画像・写真の著作権は管理人omotiにあります。
写真以外の物も、リンク用バナー以外は無断転用禁止です。