手相画像(メイン):早婚の方が強い結婚線−>kekkonsen title=

手相の見方ここにあり(占い)

早婚の方が強い結婚線


結婚線は小指の付け根と感情線の丁度中央を、男ならばおよそ30歳、女ならばおよそ25歳として判断します。

結婚線が複数刻まれている場合、この中央部位より上の方を晩婚、中央部位より下の方を早婚として見ます。

もしも画像のように早婚の方が強く、晩婚の方が弱い状態ならば、早い時期にであった相手が本命だということになります。
早い時期から付き合っているパートナーとの縁が強いのですが、この早い時期の今期を逃すと、理想の相手と巡り会えず葛藤することになります。


<<<前の記事へ|後の記事へ>>>

■関連画像


■サブメニュー

結婚線

結婚線の末端が下降している

結婚線が下向きになり感情線を切る

結婚線がクロスしている

結婚線が運命線を切る

運命線が長く伸びた結婚線と感情線との交点で止まる

結婚線の起点に島がある

結婚線が太陽線に流れ込む

結婚線の末端がY字に別れる

結婚線上に細かい縦線が生じている

結婚線の末端に島がある

妨害線に阻まれる結婚線

上を向く結婚線

5本以上の結婚線

晩婚の方が強い結婚線

早婚の方が強い結婚線
トップへ戻る

Copyright (c) 2004-2019 omoti inc.
当サイトで使用している画像・記事は無断転用禁止です。
当サイトで使用しているすべての画像・写真の著作権は管理人omotiにあります。
写真以外の物も、リンク用バナー以外は無断転用禁止です。