TOP | 携帯版 |


手相画像(メイン):パートナー線−> title=

手相の見方ここにあり(占い)

パートナー線


■パートナー線の基本
パートナー線とは、運命線や太陽線の横に、寄り添うように刻まれる細かい線です。

本人の身近な人(伴侶・家族・同僚・友人等)に助けられ運気が後押しされる事を暗示します。

(1)のように明確な運命線の横に刻まれる場合、身近な人からの後押しを受け運勢が上昇する事を現します。

(4)のように、運命線が切れた箇所に刻まれる場合、運気が危ぶまれる時期に身近な人の助けをもらい窮地を凌ぐ事を暗示します。
(1)(4)共に、パートナー線が刻まれる時期を「運命線 流年法」で確認し、その時期を推測できます。

(2)のように、太陽線の横に刻まれる場合、身近な人からの援助により成功を勝ち取る事を暗示します。

(3)はパートナー線ではなく「印象線」という線ですが、「身近な人からの強い影響」を現す線なので、パートナー線と同種の線なのでしょう。
詳しくは印象線の項目を参照してください。

■運命線に対するパートナー線
運命線に対して刻まれるパートナー線の場合、運命線からどの程度離れているかで、パートナー線か別の運命線かを判断しなくてはならないケースが多々あります。
個人的解釈としては、
・運命線本線から3mm以上離れていれば、運命線本線とは別の運命線
・運命線本線から3mm以内ならば、パートナー線
として見ています。

<<<前の記事へ|後の記事へ>>>



■サブメニュー
手相画像パートナー線
パートナー線

■関連画像
[パートナー線−>]に関する関連の画像です。
トップへ戻る

Copyright (c) 2004-2017 omoti inc.
当サイトで使用している画像・記事は無断転用禁止です。
当サイトで使用しているすべての画像・写真の著作権は管理人omotiにあります。
写真以外の物も、リンク用バナー以外は無断転用禁止です。