手相画像(メイン):生命線(写真解説)−> title=

手相の見方ここにあり(占い)

生命線(写真解説)


生命線についての写真入り解説です。

生命線は、その太さが増せば増すほど、生命力が強いことを意味します。
工事現場で働いている人や、鍛造工場などの過酷な労働環境におかれている人の生命線を見ると、とても強く太く刻まれているケースが見られます。


この画像のように、一本明瞭に刻まれているのが最も理想的ですね。



逆に、この画像のように生命線本体が明瞭でない場合は、生命力が弱っていることを意味するわけです。
ただ、生命線が弱いからといって即、寿命が短いかと言われればそうではありません。

両手の生命線が弱く、かつ知能線が劣性(鎖状・島状・切れなど)であり、かつ放縦線が生命線を切っている状態で、なおかつ運命線が妨害線や☓印で止まるなどの異常があった場合、複合的に見て「短命の相」と判断することはあります。




<<<前の記事へ|後の記事へ>>>

■関連画像


■サブメニュー

生命線(写真解説)

大きく張り出した生命線(写真解説)

張り出しの小さい生命線(写真解説)

細く薄い生命線(写真解説)

太く明確に刻まれた生命線(写真解説)

生命線が短い(写真解説)

運命線に対し補佐する生命線の支線(写真解説)

生命線は短いが優秀な知能線がある

妨害線で終わる生命線

曲線の妨害線で終わる生命線(写真解説)

生命線の末端にある島(写真解説)

☓印で終わる生命線(写真解説)

短い生命線と鎖状態の手首線(写真解説)

劣勢の生命線と知能線をもつ(写真解説)

切れ切れの知能\線と短い生命線(写真解説)

生命線上に切れがある(写真解説)

切れた生命線が外側に補佐する(写真解説)

消えれた生命線の間に隙間がある(写真解説)

別の生命線が内側に補佐する(写真解説)

生命線が突然薄くなる(写真解説)

火星環が生命線の内側に生じている(写真解説)

細い生命線の内側の火星線(写真解説)

生命線上にほくろが生じている(写真解説)

生命線上に赤点がある(写真解説)

生命線の末端が分岐する消耗線(写真解説)

月丘へとのびる生命線(写真解説)

波打つ生命線(写真解説)

生命線上に島が生じている(写真解説)

細かい線で構\成された生命線(写真解説)

鎖状態になっている生命線(写真解説)

生命線の起点が鎖状態になっている(写真解説)
トップへ戻る

Copyright (c) 2004-2019 omoti inc.
当サイトで使用している画像・記事は無断転用禁止です。
当サイトで使用しているすべての画像・写真の著作権は管理人omotiにあります。
写真以外の物も、リンク用バナー以外は無断転用禁止です。