手相画像(メイン):生命線上に島が生じている(写真解説)−>seimeisens title=

手相の見方ここにあり(占い)

生命線上に島が生じている(写真解説)


生命線上に、生命線が2つにわかれた後、再びつながるような相をみかけることがあります。

これを「島」といいますね。

生命線上の島は、生活上・肉体上になんらかのトラブルが生じ、停滞してしまうことを意味する。
この時期は身動きを取ることが困難で、何かしようと思って無理に行動すると、さらに傷口を広げてしまうような出来事が生じることになります。



島の一例。

生命線の島が刻まれている部位をよくみて、生命線の流年法からその停滞が起きる時期を推測することができますね。
但し生命線の流年法は見るのが難しく個人差が大きいため、生命線の他に運命線の異常がないかをよく見て、運命線の流年法と照らし合わせながら考えるのが基本です。

画像の方の場合、45〜60歳頃でしょうか。
かなり大きい島ですが、島というのは大きければ大きいほどその凶度は落ちます。
大きい島は、なんとなく芳しくない状態が長期間に渡り続くことを表すもの。

逆に、小さくて明瞭な島ほど危険で、短期間に苦しい状態が集中して現れやすい。

細かい島が複数生じる症状を鎖と言いますが、この例はちょっと鎖とは違う。


複数の島が生じているのが分かりますね。
4つの島が刻まれている上、生命線があまり太くなく、徐々に消えていく。
最後は生命線が☓印で終わり、その横にほくろがあるというなんとも不吉な感じ。

何事もなければいいですが・・。



この方の場合、生命線の流年法から考えてみると、おおよそ〜25歳頃でしょう。
この場所は島や鎖などが生じやすい時期。
誰でも20代中盤くらいまではなんとなく体に不調を抱えやすい時期ですから、当然とも言えるか。




<<<前の記事へ|後の記事へ>>>

■関連画像


■サブメニュー

生命線(写真解説)

大きく張り出した生命線(写真解説)

張り出しの小さい生命線(写真解説)

細く薄い生命線(写真解説)

太く明確に刻まれた生命線(写真解説)

生命線が短い(写真解説)

運命線に対し補佐する生命線の支線(写真解説)

生命線は短いが優秀な知能線がある

妨害線で終わる生命線

曲線の妨害線で終わる生命線(写真解説)

生命線の末端にある島(写真解説)

☓印で終わる生命線(写真解説)

短い生命線と鎖状態の手首線(写真解説)

劣勢の生命線と知能線をもつ(写真解説)

切れ切れの知能\線と短い生命線(写真解説)

生命線上に切れがある(写真解説)

切れた生命線が外側に補佐する(写真解説)

消えれた生命線の間に隙間がある(写真解説)

別の生命線が内側に補佐する(写真解説)

生命線が突然薄くなる(写真解説)

火星環が生命線の内側に生じている(写真解説)

細い生命線の内側の火星線(写真解説)

生命線上にほくろが生じている(写真解説)

生命線上に赤点がある(写真解説)

生命線の末端が分岐する消耗線(写真解説)

月丘へとのびる生命線(写真解説)

波打つ生命線(写真解説)

生命線上に島が生じている(写真解説)

細かい線で構\成された生命線(写真解説)

鎖状態になっている生命線(写真解説)

生命線の起点が鎖状態になっている(写真解説)
トップへ戻る

Copyright (c) 2004-2019 omoti inc.
当サイトで使用している画像・記事は無断転用禁止です。
当サイトで使用しているすべての画像・写真の著作権は管理人omotiにあります。
写真以外の物も、リンク用バナー以外は無断転用禁止です。