手相画像(メイン):感情線から太陽線が上向きに刻まれている−> title=

手相の見方ここにあり(占い)

感情線から太陽線が上向きに刻まれている


感情線から短い太陽線が上向きに刻まれるケース。

この太陽線は晩年、周囲から支えられ幸せな老後を歩める事を暗示するものです。

感情線は家族関係を意味する線でもありますが、この感情線から太陽線が出ると言うことが、家族との幸せな老後を暗示するのでしょう。

基本的に太陽線の出来始めは、太陽丘に単体で短く刻まれるものです。
本人が社会的に認められるようになるに従い、線が上へ、下へと伸びていくのが常です。

ただ、今回のように感情線より生じた太陽線、というのは、その起点部分がどこにあるかを十分観察する必要があるでしょう。
明確に感情線より生じているのならば、それは上記に書いたように恋愛や結婚による幸せであったり、家族や親族からの支援により成功する意味となるのです。

家族や親族に関わることで幸せが巡ってくるという相には、親指の付け根である金星丘に星が現れるといった相がありますね。
金星丘に現れる星は単体であれば身内・家族の死を意味するのですが、この星より支線が伸びて、運命線に入り込むといった線が現れている場合、身内の不幸によって財産が入るとか、地位が向上するといった意味合いがあります。

また、感情線から生じた太陽線を持つ人に、私のおふくろがいます。
私の母は俳句の名人で、感じたことを俳句として表現するのが大変美味い方で、先生をしています。
こういった芸術・芸能的な分野での成功もまた、感情線から生じた太陽線から見て取ることができます。



<<<前の記事へ|後の記事へ>>>

■関連画像


■サブメニュー

太陽線

感情線の上に短い太陽線が刻まれている

感情線から太陽線が上向きに刻まれている

太陽線が第二火星丘から生じている

太陽線が運命線から生じる(20代)

太陽線が知能線と運命線から生じる

太陽線が運命線から少し生じ始めている

太陽線が火星平原に至る

長い太陽線が生じている

長い太陽線が月丘に至る

長い太陽線が生命線に至る

太く明確に刻まれた太陽線

細く薄い太陽線

複数本の細く薄い線で構成された太陽線

太陽線が三つ叉に分かれる

太陽線に結婚線が流れ込む

蛇行する太陽線

太陽線から土星丘に向けて支線が生じる

太陽線から木星丘に向けて支線が生じる

直感線に至る太陽線

太陽線上に島がある

太陽線の上部に島がある

太陽線に星が生じている

太陽線上に×印が生じている

太陽線上に□(スクエア)が生じている

太陽線の上に妨害線が生じている

力強い運命線と共に力強い太陽線が刻まれる

運命線・太陽線・財運線の3本が刻まれている

強い運命線に対して、細く薄い太陽線が刻まれている。

細く薄い運命線と共に、力強い太陽線が刻まれている

運命線が無く、太陽線が刻まれている

太陽線に切れ目が生じている

太陽線上にホクロが生じている

二本の太陽線が長く刻まれている

太陽線の太陽丘の部分に田印(グリル)が生じている

太陽線上に○(輪紋)が生じる

太陽線にフィッシュが付く

太陽線が知能\線より生ずる
トップへ戻る

Copyright (c) 2004-2019 omoti inc.
当サイトで使用している画像・記事は無断転用禁止です。
当サイトで使用しているすべての画像・写真の著作権は管理人omotiにあります。
写真以外の物も、リンク用バナー以外は無断転用禁止です。