手相画像(メイン):運命線が無く、太陽線が刻まれている−> title=

手相の見方ここにあり(占い)

運命線が無く、太陽線が刻まれている


滅多に見られない相。

本人が努力をせずとも生活できる境遇を意味します。
家庭が裕福でこれといって働く必要も無く、親から小遣いをもらいながらなに不自由なく暮らせるといった、有る意味最も幸せな境遇かもしれません。

手相を勉強し始めた人がまず最初に勘違いしやすい点なのですが、「運命線が現れていない」=「不幸」と考えてしまいがち、ということです。
これは間違っています。
というのも、世の中には仕事に生きがいを見出す人と、そうでない人の2種類がいるという事です。

例えば、仕事をしたくない人に明確な運命線が現れていれば、それは仕事を強制されることになります。
仕事をしたくない、けれども家の事情により辛い仕事を続けなければならない・・・といった形になり不幸だと言えます。

逆に、バリバリ働いてお金を稼ぎたい人の上に、細く細かい運命線が生じている程度ならば、本人は働いて稼ぎたいのに・・・と不完全燃焼を起こしてしまうでしょうね。

このように、運命線の強弱というのは、その人の幸福度のバロメーターたりえない、ということになるのです。

幸運のバロメーターとして有効なのは太陽線です。
太陽線が明確に現れていれば、それはその人の成功・名声の高まりを表しますので、幸運な相だと言えます。

今回のお題のように、運命線がほとんど無く、太陽線だけが明瞭に現れているような場合、本人は労せずして名声・成功を手に入れられる最上の相だということができます。

例えば、非常にお金持ちの家系に生まれたとか、若い頃から成功が約束されているような貴族階級に生まれたといった感じでしょうか。
このような相を持つ人は稀なのですが、非常に恵まれているといえるでしょうね。


<<<前の記事へ|後の記事へ>>>

■関連画像


■サブメニュー

太陽線

感情線の上に短い太陽線が刻まれている

感情線から太陽線が上向きに刻まれている

太陽線が第二火星丘から生じている

太陽線が運命線から生じる(20代)

太陽線が知能線と運命線から生じる

太陽線が運命線から少し生じ始めている

太陽線が火星平原に至る

長い太陽線が生じている

長い太陽線が月丘に至る

長い太陽線が生命線に至る

太く明確に刻まれた太陽線

細く薄い太陽線

複数本の細く薄い線で構成された太陽線

太陽線が三つ叉に分かれる

太陽線に結婚線が流れ込む

蛇行する太陽線

太陽線から土星丘に向けて支線が生じる

太陽線から木星丘に向けて支線が生じる

直感線に至る太陽線

太陽線上に島がある

太陽線の上部に島がある

太陽線に星が生じている

太陽線上に×印が生じている

太陽線上に□(スクエア)が生じている

太陽線の上に妨害線が生じている

力強い運命線と共に力強い太陽線が刻まれる

運命線・太陽線・財運線の3本が刻まれている

強い運命線に対して、細く薄い太陽線が刻まれている。

細く薄い運命線と共に、力強い太陽線が刻まれている

運命線が無く、太陽線が刻まれている

太陽線に切れ目が生じている

太陽線上にホクロが生じている

二本の太陽線が長く刻まれている

太陽線の太陽丘の部分に田印(グリル)が生じている

太陽線上に○(輪紋)が生じる

太陽線にフィッシュが付く

太陽線が知能\線より生ずる
トップへ戻る

Copyright (c) 2004-2019 omoti inc.
当サイトで使用している画像・記事は無断転用禁止です。
当サイトで使用しているすべての画像・写真の著作権は管理人omotiにあります。
写真以外の物も、リンク用バナー以外は無断転用禁止です。