手相画像(メイン):太陽線が火星平原に至る−> title=

手相の見方ここにあり(占い)

太陽線が火星平原に至る


火星平原(手のひらの真ん中)に至る太陽線は、若年〜中年期(40歳前後)まではぱっとせず名声を得にくい状態となるものの、それ以降は華やかな成功を収めるという暗示です。

このタイプの相は「運命線から生じた太陽線」と似ているのですが、運命線に触れない限り同じ線ではないです。
元々、感情線上に短い線として現れた太陽線が、その人の努力により太陽線が徐々に下に向けて延びていき、この線となる事が多いようです。

この太陽線が太く明確な物ならば、中年以降の成功は確実な物となるでしょう。

火星平原というのは元々「生活力」を意味する丘で、運命線でいうと30〜50才頃となります。
この部位に、例えば星や白点、輪紋など現れると生活力を向上させることがおきる、と読み取ることができます。
この部位より太陽線が生じるというケースは、多くの場合、運命線へと太陽線が流れ込む形をとることになります。
もしも運命線より太陽線が生じる、といった相になると、今回の場合とは少し意味合いが違ってきます。

本人の地道な努力により、遂には名声・成功が得られる「開運線」と呼ばれる相で、太陽線の中でも非常に良い相と言われています。

どちらにせよ、火星平原の付近から太陽線が刻まれるというケースは、上で述べたように運命線の流年法から推測して30〜50才頃からの成功を意味するわけです。

実際私にもこの火星平原から生じた太陽線とおぼしき線があります。
私は〜35才頃まではとかく転職を繰り返し、給料も仕事も安定しない、あまり良い運気ではありませんでした。
ですが35才頃に高位資格を取得した当たりから運気が好転し始め、今では非常に恵まれた境遇で仕事をさせていただいています。
ですがこの幸運というのは、なにもせずだまって得られたものではないという点には気をつけてください。

火星平原へと流れ込む太陽線は、太陽丘から垂下していくパターンと、運命線から支線が別れて伸びるパターンの2通りが考えられますが、私の場合は太陽丘から垂下していくパターンでした。

太陽丘に細かい線が生じ、それが徐々に火星平原(手のひらの真ん中)へと伸びていき、ついには運命線と合流する、といった成長をとったわけです。

これはよくよく考えてみると、本人の努力により成功の時期が早まったと見て取ることもできるわけですね。

どちらにせよ、火星平原へと至らんとする太陽線というのは、本人の努力により生活力が向上する相と考えて良いと思います。




<<<前の記事へ|後の記事へ>>>

■関連画像


■サブメニュー

太陽線

感情線の上に短い太陽線が刻まれている

感情線から太陽線が上向きに刻まれている

太陽線が第二火星丘から生じている

太陽線が運命線から生じる(20代)

太陽線が知能線と運命線から生じる

太陽線が運命線から少し生じ始めている

太陽線が火星平原に至る

長い太陽線が生じている

長い太陽線が月丘に至る

長い太陽線が生命線に至る

太く明確に刻まれた太陽線

細く薄い太陽線

複数本の細く薄い線で構成された太陽線

太陽線が三つ叉に分かれる

太陽線に結婚線が流れ込む

蛇行する太陽線

太陽線から土星丘に向けて支線が生じる

太陽線から木星丘に向けて支線が生じる

直感線に至る太陽線

太陽線上に島がある

太陽線の上部に島がある

太陽線に星が生じている

太陽線上に×印が生じている

太陽線上に□(スクエア)が生じている

太陽線の上に妨害線が生じている

力強い運命線と共に力強い太陽線が刻まれる

運命線・太陽線・財運線の3本が刻まれている

強い運命線に対して、細く薄い太陽線が刻まれている。

細く薄い運命線と共に、力強い太陽線が刻まれている

運命線が無く、太陽線が刻まれている

太陽線に切れ目が生じている

太陽線上にホクロが生じている

二本の太陽線が長く刻まれている

太陽線の太陽丘の部分に田印(グリル)が生じている

太陽線上に○(輪紋)が生じる

太陽線にフィッシュが付く

太陽線が知能\線より生ずる
トップへ戻る

Copyright (c) 2004-2019 omoti inc.
当サイトで使用している画像・記事は無断転用禁止です。
当サイトで使用しているすべての画像・写真の著作権は管理人omotiにあります。
写真以外の物も、リンク用バナー以外は無断転用禁止です。