手相画像(メイン):明瞭に刻まれる3本の手首線−>tekubisen title=

手相の見方ここにあり(占い)

明瞭に刻まれる3本の手首線


手首線はその人の基礎的な生命力を意味するものです。

この手首線が乱れていると、体が疲れやすかったり、体調を崩し病気になりやすかったりします。
また、手首線は子宮や生殖器などの異常の有無も現すものです。

基本的に手首線は3本明瞭に刻まれるものが最も良いとされ、明確に刻まれていればいるほど疲れ知らずで肉体的に恵まれている人と言えるでしょう。

基本的に、手相でその人の健康を見る際は、生命線を中心に見ることが一般的であります。

ですが、最も生命力に関係するのはこの手首線で、手首線が弱い場合、いくら生命線が強くても活力がありません。
これは実際私の相ですが、私は手首線が3本あるが鎖状態で、生命線自体は割と明瞭です。

確かに大きな病気も怪我もありませんし、健康は非常に安定しています。
ですが活力に満ち溢れているかというとそうではなく、なんとなく体がだるかったり、免疫力が落ちて風邪をひきやすかったりという状態が続きます。

手首線が明瞭でない、ということは生命力の根源の部分に支障をきたしているということで、私の場合は性欲に乏しく異性に対してあまり関心がないという問題がありました。

性欲がない、ということは、物事に対しての活力に乏しい事を意味するので、積極性がなく内向的な性質となりやすいでしょう。

逆に最良の健康相とは、画像にあるように3本の明瞭な手首線が刻まれ、大きく張り出す明瞭な生命線が刻まれ、生命線の内側に火星線が刻まれ、健康線がない状態を言います。
これだけの相を持つ人ならば、人一倍仕事に対してエネルギッシュに打ち込めます。
残業も早出も休日出勤もなんのその。
いくらでも体に無理が効くので、人一倍体を動かして働くことができるでしょう。

ただ、若い頃から人一倍体力があることになりますから、体の弱い人の心を汲み取ることができず、「俺にできてなんでお前にできないんだ」といった風に、体の弱い人に無理を強いたりするケースも考えられます。

また、体力が急激に落ちていく40歳以降となれば、流石に力強い生命力を持つ人でも体力が低下していきます。
そんな体力の曲がり角の時期に「若い頃はこのくらいの無理は平気だった」と若い頃と同じ感覚で無理をすると、体調を崩してしまう恐れが高くなるわけです。



<<<前の記事へ|後の記事へ>>>

■関連画像


■サブメニュー

手首線

手首線がくぼんでいる

鎖状に刻まれる手首線

明瞭に刻まれる3本の手首線
トップへ戻る

Copyright (c) 2004-2019 omoti inc.
当サイトで使用している画像・記事は無断転用禁止です。
当サイトで使用しているすべての画像・写真の著作権は管理人omotiにあります。
写真以外の物も、リンク用バナー以外は無断転用禁止です。