TOP | 携帯版 |


手相画像(メイン):知能線全体が鎖状態である−> title=

手相の見方ここにあり(占い)

知能線全体が鎖状態である


線は基本的に堀が深く、明確に一本刻まれるのが吉相と言われます。
図のように知能線全体が鎖のように、細かい島の連続によって成り立っている場合、知能力の低下を意味します。
この相を持つ人は物事に対して集中的に取り組むことができず、注意力散漫で物事を悪い方向へと考えてしまう傾向にあるようです。

線が持つ意味あいとしてはあまり良くはないのですが、本人が努力奮闘して物事に対し集中的に取り組むことが出来るようになってくると、線の島は消えていき一本の良い知能線となるのです。

これらの相は若年期に刻まれやすいものですが、一般的に年を経る事に線がまとまっていくものです。
それと同時に本人の性格も落ち着いていくでしょう。

大切なのは物事を悲観的に考えないようにするということです。
常にポジティブに生きるよう心がけることで、本人の人生も良い物になっていくでしょう。

<<<前の記事へ|後の記事へ>>>|この相の一覧表へ|カタログモード



トップへ戻る

Copyright (c) 2004-2018 omoti inc.
当サイトで使用している画像・記事は無断転用禁止です。
当サイトで使用しているすべての画像・写真の著作権は管理人omotiにあります。
写真以外の物も、リンク用バナー以外は無断転用禁止です。