手相画像(メイン):知能線全体が鎖状態である−> title=

手相の見方ここにあり(占い)

知能線全体が鎖状態である


線は基本的に堀が深く、明確に一本刻まれるのが吉相と言われます。

図のように知能線全体が鎖のように、細かい島の連続によって成り立っている場合、知能力の低下を意味します。
この相を持つ人は物事に対して集中的に取り組むことができず、注意力散漫で物事を悪い方向へと考えてしまう傾向にあるようです。

線が持つ意味あいとしてはあまり良くはないのですが、本人が努力奮闘して物事に対し集中的に取り組むことが出来るようになってくると、線の島は消えていき一本の良い知能線となるのです。

これらの相は若年期に刻まれやすいものですが、一般的に年を経る事に線がまとまっていくものです。
それと同時に本人の性格も落ち着いていくでしょう。

大切なのは物事を悲観的に考えないようにするということです。
常にポジティブに生きるよう心がけることで、本人の人生も良い物になっていくでしょう。

実際、私には両手とも〜20才頃まで知能線が鎖状態となっています。
私は早生まれであったこと、重度のアレルギー体質であったこと、発達障害・学習障害であったこと等が複合的に重なり、幼少期は全く勉強・運動ができませんでした。
常に病気がちで、非常にしんどい若年期を過ごしていますが、こういった状態の場合、知能線(生命線との結合部分)には明瞭に鎖が刻まれています。

私の場合は知能線と生命線の重なっている部位が鎖状態になっているわけですので、体調の悪さが、知能の悪さに直結したことを意味しています。

私の場合、20才頃から体調が安定していき、その後の知能線と生命線が別れた部位より知能線・生命線ともに形状が安定し、鎖から一本の線へと変化しています。
この変化が表すように、頭も体調も改善していきます。

ただ、幼少期に学ぶことができなかったハンデを取り返すことは、容易ではないですね・・・。
その後の人生に重い影を残すことは間違いなかったです。



<<<前の記事へ|後の記事へ>>>

■関連画像


■サブメニュー

知能線

知能線の起点が生命線と触れ月丘へ向かい緩やかに下降する

知能線の起点が生命線から若干離れ、月丘へ向かい緩やかに下降する

知能線の起点が生命線から5mm以上離れ、月丘へ向かい緩やかに下降する

知能線の起点が生命線から5mm以上離れ、月丘へ向かい真っ直ぐ下降する

知能線の起点が生命線と重なって生じ、月丘へ向かい急下降し月丘で横に流れる

知能線が生命線と深く重なり生じる

知能線がほぼ水平に刻まれている

知能線の末端部分が上に向き感情線を越えている

知能線の末端が生命線内側に入り込んでいる

月丘に向かい下降する知能線の中央部分から支線が生じる

まっすぐ生じた知能線の途中から、月丘方面へ向かう支線が生じる

月丘へ向かい緩やかに下降する知能線の末端部分に沿うように支線が出る。

短い知能線

長い知能線

知能線が手のひらの真ん中のみに刻まれる

知能線全体が鎖状態である

知能線の起点部分が鎖状態である

知能線が細かく薄い線で構成されている

知能線が途中まで水平気味に進み、途中で月丘に向かい真っ直ぐ下降する

知能線が途中まで明確に進み、半ばほどで力なく垂れ下がっている

知能線の起点部分に島がある

知能線の中央部分に島がある

知能線の末端部分に島がある

知能線に妨害線が生じている

知能線と運命線上に一本の妨害線が生じている

知能線と運命線と生命線上に一本の妨害線が生じている

知能線と運命線と生命線上に妨害線が生じ、妨害線が星の一端を担う

妨害線が知能線を寸断してしまう

知能線から複数本の支線が出る

知能線の起点付近に切れが生じている

知能線に×印が生じている

知能線の分岐線が太陽丘に至る

知能線の支線が水星丘に至る

うねる知能\線

知能線の末端の下に線が出る

知能線の末端の上に線が出る
トップへ戻る

Copyright (c) 2004-2019 omoti inc.
当サイトで使用している画像・記事は無断転用禁止です。
当サイトで使用しているすべての画像・写真の著作権は管理人omotiにあります。
写真以外の物も、リンク用バナー以外は無断転用禁止です。