手相画像(メイン):知能線の起点が生命線から若干離れ、月丘へ向かい緩やかに下降する−> title=

手相の見方ここにあり(占い)

知能線の起点が生命線から若干離れ、月丘へ向かい緩やかに下降する


先述した、「知能線の起点が生命線と触れ月丘へ向かい緩やかに下降する」タイプとの違いは、知能線の起点が生命線から若干離れているという点です。

知能線の起点部分の状態によって積極性が分かる、というのを述べましたが、知能線の起点が生命線から離れれば離れるほどその人の本質的性質はより積極的なものになっていくのです。

この場合、離れ方が約5mm以内と仮定し判断すると、この人は標準よりもやや積極的であることが分かります。
この離れ方がが5mm以上離れると積極性が強くなりすぎます。

また、同時に文系タイプである月丘へと緩やかに下降する知能線を持つ訳ですから、精神的傾向が強く熟考タイプの要素に行動的・活動的な要素が組み合わさりバランスの良い性質を持つことになります。

反対に、それぞれの相反する性質が合わさるため、混乱を招くとされる説もあります。

知能線と感情線の位置の意味については関連性があり、その位置が低くなればなるほど(手首側へ寄れば寄るほど)、慎重さをましていきます。
逆にその位置が上側(手先側)に寄るほど、積極的で快活な性質となるわけです。

そのため、今回紹介している相の場合、起点が上へと外れるわけですから、一般的な人に比べて積極性があり、快活であることを意味します。

これは利点ですが、どのような性格でも裏返せば欠点となりえることは、みなさんご承知の事と思います。
快活で頭の回転が早いということは、裏返せば深い考えなしに行動してしまうこともありえるわけで、大きな失敗を招く事も考えられます。

自身の性格をよく把握し、弱点を十分に把握して、トラブルに備えていきましょう。

<<<前の記事へ|後の記事へ>>>

■関連画像


■サブメニュー

知能線

知能線の起点が生命線と触れ月丘へ向かい緩やかに下降する

知能線の起点が生命線から若干離れ、月丘へ向かい緩やかに下降する

知能線の起点が生命線から5mm以上離れ、月丘へ向かい緩やかに下降する

知能線の起点が生命線から5mm以上離れ、月丘へ向かい真っ直ぐ下降する

知能線の起点が生命線と重なって生じ、月丘へ向かい急下降し月丘で横に流れる

知能線が生命線と深く重なり生じる

知能線がほぼ水平に刻まれている

知能線の末端部分が上に向き感情線を越えている

知能線の末端が生命線内側に入り込んでいる

月丘に向かい下降する知能線の中央部分から支線が生じる

まっすぐ生じた知能線の途中から、月丘方面へ向かう支線が生じる

月丘へ向かい緩やかに下降する知能線の末端部分に沿うように支線が出る。

短い知能線

長い知能線

知能線が手のひらの真ん中のみに刻まれる

知能線全体が鎖状態である

知能線の起点部分が鎖状態である

知能線が細かく薄い線で構成されている

知能線が途中まで水平気味に進み、途中で月丘に向かい真っ直ぐ下降する

知能線が途中まで明確に進み、半ばほどで力なく垂れ下がっている

知能線の起点部分に島がある

知能線の中央部分に島がある

知能線の末端部分に島がある

知能線に妨害線が生じている

知能線と運命線上に一本の妨害線が生じている

知能線と運命線と生命線上に一本の妨害線が生じている

知能線と運命線と生命線上に妨害線が生じ、妨害線が星の一端を担う

妨害線が知能線を寸断してしまう

知能線から複数本の支線が出る

知能線の起点付近に切れが生じている

知能線に×印が生じている

知能線の分岐線が太陽丘に至る

知能線の支線が水星丘に至る

うねる知能\線

知能線の末端の下に線が出る

知能線の末端の上に線が出る
トップへ戻る

Copyright (c) 2004-2019 omoti inc.
当サイトで使用している画像・記事は無断転用禁止です。
当サイトで使用しているすべての画像・写真の著作権は管理人omotiにあります。
写真以外の物も、リンク用バナー以外は無断転用禁止です。