手相画像(メイン):運命線が感情線で止まる−> title=

手相の見方ここにあり(占い)

運命線が感情線で止まる


運命線がなんらかの原因でとまるということは、運勢の減退を意味しています。

感情線で運命線が止まるということは、感情的なトラブルを暗示する相で、とくに恋愛系のトラブルが主だといわれています。
感情線との交点は、運命線の流年法によると50〜55歳頃。
もしも感情線で運命線が止まっている場合は、この年代に近づいてきたら感情的なトラブルを防ぐよう、十分警戒してください。

また感情線っていうのは「結婚」や「恋愛」を意味する線でもあります。

運命線が感情線と交わる点というのは丁度、55歳前後なわけですが、この頃になると男女ともに更年期障害の症状が出始めます。

ホルモンバランスの崩壊により、妙にイライラしたりして、感情面でのトラブルが生じやすくなるわけですね。

そのため、この時期に「熟年離婚」されたり、職場で紛争を起こして嫌になって早期退職したり・・・といったケースに至ることもあるわけです。
このタイプの運命線のように、感情線で止まる運命線の場合は、上記のようなトラブルが運勢に非常に悪い影響を与えることを意味するために、十分注意してくださいね。

特に、非常に明瞭な運命線が感情線と交わった地点でぱったり切れて以降、運命線が感情線より上にまったくないような状態は非常に危険です。

というのも、私の知っている方は若年から非常に強い運命線が刻まれていましたが、この方の運命線は画像にあるように感情線でぴったり運命線が消失していました。

その方は家庭での不和が原因で離婚し、逃げるように辺境の会社へと転職していきましたが、その方は転職先で労災によりなくなりました。
労災の内容を聞いていると、どうも自殺だったのではないか、と言われています。

そう、このタイプの相は「自殺」を暗示する相でもありますので、十分に注意してください。


<<<前の記事へ|後の記事へ>>>

■関連画像


■サブメニュー

運命線

太く強く刻まれる運命線

細い運命線

運命線が手のひら下部-中央付近に刻まれる

運命線が手のひら中央-感情線下あたりまで刻まれる

運命線が手のひら上部のみに刻まれる

運命線が生命線から立ち上がる

運命線が知能線で止まる

運命線が感情線で止まる

運命線が月丘から生じる

運命線が月丘から生じるが知能線との交点で止まる

運命線が金星丘の下部から始まる

運命線が金星丘の上部・第一火星丘から生じる

運命線が「人」の字を描きながら昇っていく

運命線が末端に行くにつれて細く薄くなる

運命線が末端に行くにつれて太く強くなる

細く安定せずに刻まれる力弱い運命線

蛇行する運命線

運命線上に島がある

運命線上に島があり、島移行の運命線が途切れている

運命線が島から始まっている

運命線の末端に島が生じ島の末端が妨害線で遮られる

運命線上に妨害線が生じている

運命線が妨害線により遮られてしまっている

運命線が妨害線から生じる

力弱い運命線が妨害線で遮られた後、力強い運命線が立ち上る

運命線上に星マークがある

運命線上に星があり星と交わった点から運命線が太くなる

運命線上に星があり星と交わった点から運命線がなくなる

力強く伸びた運命線の末端が妨害線で終わっている

運命線が長く伸び中指の末端まで伸びる

運命線が長く伸びるが中指の中程で止まっている

運命線の起点部分が生命線に寄る

運命線が生命線の末端から生じる

運命線が二本生じている

運命線が木星丘に向かう

運命線が土星丘に向かう

運命線が土星丘と太陽丘の間に向かう

運命線から木星丘へと支線が出る

運命線から太陽丘へと支線が出る

運命線から水星丘へと支線が出る

運命線から水星丘、及び太陽丘に支線が出る

運命線が知能線から生じる

運命線が感情線から生じる

鎖状態の運命線

細かい線で成り立っている運命線

運命線上に□(スクエア)が生じている

運命線上に×印がある

運命線が×印で止まる

運命線に横たわる島

運命線の起点が人の形をしている(土台線)

第二火星丘から運命線が昇る

合流する運命線

複数刻まれた運命線

末端がフォーク状態になる運命線

運命線の末端が中指下でY字に別れる

運命線に空白期間がある

月丘から真っ直ぐ立ち上がる運命線

金星丘の星からでた線が運命線へと流れ込む

月丘から生じた線が運命線を切る

運命線上に出る輪紋

運命線上に現れる黒点

運命線から上向きの支線が出る

運命線上に生じる△三角の記号

並行する運命線がある

運命線が切れているが別の運命線が重なる

運命線・知能線の交点に現れる汚点
トップへ戻る

Copyright (c) 2004-2019 omoti inc.
当サイトで使用している画像・記事は無断転用禁止です。
当サイトで使用しているすべての画像・写真の著作権は管理人omotiにあります。
写真以外の物も、リンク用バナー以外は無断転用禁止です。