手相画像(メイン):運命線が明瞭でない(写真解説)−>unmeisens title=

手相の見方ここにあり(占い)

運命線が明瞭でない(写真解説)


運命線が太く強く刻まれると言うことは、即ち勢いのある人生を歩むと言うことを意味している。

反面、運命線があまり強くなく、明瞭でないならば、社会的に見てあまり活動力のない、目立たない人生を歩む事を暗示する物ですね。



これらの写真を見て頂くと分かると思いますが、運命線がかなり薄い状態、もしくは見えない状態と思います。

運命線はその人の運勢の安定を見るので、写真のように運命線があまり明瞭でないと言うことは、不安定な運勢を歩みが知と言うことになります。

ただし、運命線はかなり変化の激しいsouなので、あなたの努力次第で運命線が明瞭にはっきりと変化してくることはあります。
なので、例えあなたの手の運命線が明瞭でなかったとしても、案ずることはありません。
あなたが必死に努力することで、運勢は変えていけるのです。

手相を鑑定する上で、私は18歳未満の人の手相鑑定をお断りしています。
というのも、18歳未満の人はあまり運命線が明瞭でない状態が多いためですね。

私の経験から言うと、20歳くらいまでは30歳以降の運命線はあまり明瞭ではありませんでした。
22歳を過ぎる頃から、30歳以降の運命線が生じ始めてきた覚えがあります。



<<<前の記事へ|後の記事へ>>>

■関連画像


■サブメニュー

運命線(写真解説)

運命線が勢いよく立ち上る(写真解説)

運命線が明瞭でない(写真解説)

知能\線より下側に刻まれる運命線(写真解説)

知能\線付近から感情線まで続く運命線(写真解説)

手のひらの上部のみに刻まれる運命線(写真解説)

運命線が生命線から立ち上がる努力線(写真解説)

頭脳線付近で止まる運命線(写真解説)

感情線で止まる運命線(写真解説)

月丘方面から伸びる運命線(写真解説)

月丘からの運命線が頭脳線との交点で止まる(写真解説)

生命線の内側から生じる運命線(写真解説)

第一火星丘から生じる運命線(写真解説)

人の字を描いて昇る運命線[土台線](写真解説)

末端に行くほど細くなる運命線(写真解説)
トップへ戻る

Copyright (c) 2004-2019 omoti inc.
当サイトで使用している画像・記事は無断転用禁止です。
当サイトで使用しているすべての画像・写真の著作権は管理人omotiにあります。
写真以外の物も、リンク用バナー以外は無断転用禁止です。