TOP | 携帯版 |
トップ予約リスト(873) > [No:00143]ゆきさんの鑑定ページ(処理済)
過去の鑑定/ 手相鑑定マップ

■手相画像
00143
画像をアップロード
(投稿者専用)

手相鑑定・占い No.00143
ゆきさんの鑑定ページ

33
情  報  名内   容
登録ナンバー00143
鑑定時年齢33歳
現年齢42歳
性別女性
投稿日時091217 02:53:03

■依頼者の書き込み内容表示   記事の投稿・編集(投稿者専用)
 
勇気を出してお願いしてみることにしました。
鑑定、よろしくお願いします。


■投稿日時:10/01/15 10:03:48

omoti 様

鑑定、有難う御座いました。
おっしゃるとおり、周りを気にしすぎて、疲れてしまったり
我が強かったり、感情コントロールが出来なかったりします。
昨年は健康に問題があり、お医者さんに掛かってましたが、今は大丈夫です。

二十歳に結婚して今は二児の母ですが、夫とうまくいってません。
だからて喧嘩をする訳ではないのですが、無関心です。
家計は共働きで、夫の母が家事を助けてくれています。
何度も別れようと思ったりもしましたが、どうも私は思い切る事が出来ません。
一生このまま、この状態で続けて行くのかと思うと息が詰まります。

小さな飲み屋を営んでいます。今のところ経営上の問題はなく細々とやっていってまして
お客の中には色々と助けてくれる人もいて、今のところ経済的に困ってはいません。
だけどこれからどうなっていくのか、心配です。
35歳前後に大きな障害が生じるようですが、今年の10月に34になるのでとっても心配です。
健康的な問題になるのか、家庭の問題なのか、経済的な問題なのか、人間的な問題なのか
もし分かるようでしたら、アドバイス頂けませんでしょうか?



■投稿日時:10/01/18 01:32:14

omoti 様

アドバイスを頂きまして、有難う御座いました。 
とても参考になりました。




■鑑定画像


画像をアップロード
(管理人専用)



■鑑定結果  記事の投稿・編集(管理人専用)
 

■投稿日時:10/01/12 01:28:14
こんばんわ。
手相鑑定遅れて申し訳有りません。
早速鑑定を開始しますね。
まず初めにお断りしておかなければならない事があります。
手のひらを縦横無尽に走る雑線が多いので、この中から運命線や太陽線を見分けるのは至難と言わざるを得ません。
ただ、これら雑線の刻まれ方には法則性があります。
また、運命線や太陽線の刻まれ方にはある種の法則があり、その定石に則って見ていくことである程度見て行くことは可能です。
見れる限り、鑑定していきます。

●性格・才能について
@知能線>起点>普通
知能線の起点が生命線と標準的に重なっているため、一般的な思考の持ち主。

左手を見ると、知能線が二本。
一つはやや水平に刻まれる現実主義的性質を意味する知能線。
一つは、生命線に深く重なった、慎重さを意味する知能線。
二つの才能を併せ持つ方だと推測。

また、右手を見るとマスカケ線になっていますね。
枡掛け線になっていますね。
枡掛け線は性質的に頑固・強情な性質を表すとされ、事業を興した場合ワンマンになりがち。
個性の強い性格が出ると他人から敬遠されてしまうので注意。

ただし起業するのには向く人で、新たな事業を立ち上げて一代で軌道に乗せることも可能とされます。

ただし、運勢の波の上下が激しく、大失敗の後の大成功、大成功の後の大失敗と両極端に運気が振れるようです。
運命線や太陽線・財運線が明確に出ている場合は大吉相とされています。

あなたの場合、枡掛け線の他に知能線と感情線が残っている。これは二重知能線と二重感情線の特徴を有す相。
すなわち、現実主義を表すますかけ線の知能線としての性質と、月丘へゆったりとむかう精神的性質をバランス良く持つ。
二重感情線は優しさ二倍、嫉妬二倍の相でねばり強くもありますが、ますかけ線特有の強い個性がでがちな相です。

私も同様の手相を持ちますが、このタイプの相を持つ人は特殊な才能を有し、主にエンジニアなどの技術が必要な仕事に向くとされています。

上記から考えると、左右の手の知能線の形が違いますね。
内心で考えていることと、他者に見せる顔が違う事を意味する。
即ち、鬱憤を貯めやすく、自分を素直に表現できない不器用さを持つ。

内外のギャップが精神的に苦痛を招き、精神が疲労してしまうタイプの相。
 

●運勢について
<内面・生まれ持った宿命・有する才能を表す左手の相>
※左手は、あなたがもって生まれた資質を暗示する手です。
青色の運命線が月丘から生じています。
これは他者からの援助・支援を受けて運勢が開かれていく運命線です。
多くの人に助けられるか、一個人に助けられるかは分かりませが、あなたにとって他者からの援助が必要不可欠な時期だということです。

この月丘から生じる運命線の特徴は、その多くが知能線あたりで止まってしまう、ということです。
これは考え違いや配慮不足により他者からの援助が滞ってしまう事を意味するもの。
月丘から生じた運命線が晩年まで続くことはかなり稀です。

時期的に知能線との交点である35歳頃まで続く。
運命線が知能線で止まる。これはあなたの不注意や力不足によりそれまでの運勢を滞らせてしまう事を現しています。
この相の場合、あなた自身がつねに注意を怠らないようにすることで、知能線との交点に□(スクエア)が生じてくることがよくあります。
□(スクエア)は線の悪い意味を軽減する力があるため、被害を最小限に抑えることができることを暗示しています。
あなたの場合、32歳前後で一度妨害線による妨害を受け、その後35歳より少し前、大きな妨害線によりかなり大きな妨害を受ける。
青色の運命線が暗示する運勢は、35歳前後で妨害線による妨害を受け終わってしまう。

また、橙色の運命線が生じ、55歳前後まで続く。
これも青色の運命線と同様に、32歳・35歳前後に妨害を受ける。

32歳前後の妨害は、仕事線が触れている事から仕事に関わるなんらかの妨害の恐れが高い。
仕事線。仕事に対して情熱を燃やす方か、仕事から離れられない境遇の方か。
遊んでいるより仕事をしていた方が気楽かもしれませんね。

ただしこの仕事線というのは曲者で、本人が望む望まないにも関わらす仕事の中に身を置かなくてはならない状態になりがちだ、ということです。
仕事がハードになり、心身共に多大な影響を及ぼし始めると仕事線が延び、運命線を切り、最終的に生命線を切ります。
運命線を切る位置は、運命線の流年で見ると25歳〜30歳になります。
生命線を切る位置は、生命線の流年で見ると30〜40歳頃になります。

私の場合、20時間勤務/日という荒行を半年間続けた頃がありましたが、それが26歳前後でした。
上司が自殺し、部下は裏切り、かつての親友に裏切られ、頼りにしていた方が過労死し・・・思い出すだけでぞっとする時期でした。
その頃、仕事線を見るとみるみるうちに仕事線が延び、運命線を寸断し、生命線に至りました。
その後著しく体調を崩し、なし崩し的に会社を辞めざるをえない状態に追い込まれたので、仕事線の恐ろしさを痛感しています。

あなたの場合はまだ仕事線が比較的短く運命線・生命線を切るような事もない。
ただし、この線が伸び始めたら十分注意して下さい。
仕事はほどほどに。

感情線上から新たな運命線が生じ、晩年まで続く。
老後は家族に囲まれ安泰という感じかな。末広がりな運気と言えそう。
老人になってから更に活躍するという暗示が。
老後が楽しみな相ですね。

<外面・あなた自身が変えてきた運勢を表す右手の相>
※右手は、あなた自身の行動によって切り開かれてきた今のあなた自身を暗示するものです。
青色の運命線が20歳前半から生じ、25歳頃まで続く。
恐らくは社会に出て始めた仕事を現すのでしょう。

25歳を過ぎた頃から方向を変えて消えていく。

また、緑色の運命線が25歳前後より生じ、マスカケ線との交点である30歳中盤〜後半あたりまで続く。
その間、32歳前後で妨害線による妨害を受ける。
運命線上に妨害線が生じています。
運命線上の妨害線は、仕事や生活上に生じるトラブルを暗示するもの。
妨害線が刻まれている時期を運命線の流年方で見て、妨害が生じる時期を推測します。

妨害線が運命線より太い場合、運勢上に与えるそのダメージは計り知れない。
逆に運命線より細いならば、ダメージを受けるもののなんとか乗り越える事が出来るでしょう。

手相の良いところはこの妨害線の位置により、「いつ頃トラブルが生じるか」を未然に知ることができるということです。
運命線上に刻まれた妨害線の意味は、経験上ほとんどの場合外す事はありません。
それ故、この妨害線の時期が来るまでの間に、出来うる限りの対策(貯蓄・資格取得・人脈形成等)をするようお勧めしています。

あらかじめ備えることにより、妨害線が□(スクエア)に変化することが、ままあります。
運命線上の□は「トラブル・災難により生じる影響を最小限に止める」という意味合いがあります。

赤色のマスカケ線の下に、もう一本赤色の線がありますね。
これ、知能線か仕事線か迷いました。
ただ、左手は知能線が二本あるため、知能線だと判断しました(横の黒い線は仕事線)

この赤色の知能線より橙色の運命線が生じ、60歳頃まで続く。
時期的に32歳前後より生じているようですね。
これはあなた自身の力量・才覚を発揮して運勢を切り開いていく運命線です。
あなたの持っている才能をフルに生かす仕事を暗示するもの。

このタイプの運命線は本人が努力して才能を磨くことにより末端が伸びていきます。
更なる努力を続ける事で、晩年も働き続けることができるようになるでしょう。
このタイプの相が刻まれる人の多くは、強い希望線や努力線を伴っている事が多い傾向にある。

また才能が開花するに従い、知能線とこの運命線との交点から財運線や太陽線が出てくることがあります。

また、青色の運命線が45歳前後より生じ、人生末期まで続く。

●金運について
両手とも財運線が刻まれているため、財運はある。
ただ、現状トラブルを多く抱える時期なので、散財には注意したい。

太陽線が複数刻まれる事と、運命線が同じ時期に複数本刻まれる時期があることから、同じ時期に複数の仕事を掛け持ちする境遇になる可能性がある。
当然、収益も複数分得る事ができる。  

●恋愛・結婚について
結婚線を見る限り、30歳以降が結婚運が良くなるようです。
32歳前後より生じた妨害が終わると運勢的に一段落付くので、そのあたりからといった所でしょうか。 

●健康運について
先述したように、手のひらに細かい線が多い。
手のひらに縦横無尽に細かい線がちりばめられている。これは精神的に大分まいってきている証拠。
細かいことを気にする人に出る線ですので、もっと心を大きく持った方が良いかな。
これは運命線や知能線・生命線等に対して妨害線ともなります。
運命線を樹木とするならば、これら雑線はいわば「雑草」。大切な線の生長を妨げてしまう。
細かいことを気にしすぎる癖が、運勢に対して大きな影響を与えてしまっている事を意味します。

あなたが心を大きく持ち不安や心配の心を取り除くことで、これら雑線も消えていく事でしょう。
逆に心労を持ち続け、ストレスを常に感じ続けなければならない環境に置かれると、これらの雑線は成長し太く刻まれていき、消すことが困難となります。
こういった時は休養が必要でしょう。

放縦線もあり、また不健康線もある。
生命線自体ははっきりしている為、本質的に持っている寿命や生命力は良いものの、現状は体力が消耗している状態。
なるべく体を休めるよう心がけた方が良いでしょう。

●まとめ
32歳頃より生じたトラブルも解消に向かうでしょう。
複数の仕事を同時にこなせる方なので、是非頑張って下さい。

■投稿日時:10/01/15 10:38:19
>35歳前後に大きな障害が生じるようですが、今年の10月に34になるのでとっても心配です。
>健康的な問題になるのか、家庭の問題なのか、経済的な問題なのか、人間的な問題なのか
>もし分かるようでしたら、アドバイス頂けませんでしょうか?

これはなかなか判断が難しいところですが、両手共に仕事線が延びており、また左手の仕事線が運命線まで至るため、仕事に関する何らかのトラブルを抱える可能性が高いですね。

というのも、私は両手共に仕事線が延び、運命線・生命線を切るという非常に悪い相を持ちます。
丁度、運命線との交点が26歳前後でしたが、20時間勤務を強いられ部下同僚、しいては親友にも裏切られ、家庭内トラブルも生じ、上司が自殺し、お世話になっていた方が死に、友人が自殺し・・・というのが3ヶ月の間に立て続けに起きました。
私が手相を見る上で、仕事線に重きを置いているのはこれが理由です。

あなたにとって仕事線が運命線を切るのが32〜35付近ですが、これを過ぎれば事態は好転するでしょう。
今は、人生の中で一番耐えなければならない時です。

※質問内容に対する返答待ちの方で、1週間が経過しても返答がない!という人はお手数ですが再度メールにてご連絡ください。 もしくは、「記事の投稿・編集(投稿者専用)」にてその旨を記載いただければ、その内容が管理人にメールされるようになっていますので、返答が無い事を記入してください。



00093/ 00094/ 00095/ 00096/ 00097/ 00098/ 00099/ 00100/ 00101/ 00102/ 00103/ 00104/ 00105/ 00106/ 00107/ 00108/ 00109/ 00110/ 00111/ 00112/ 00113/ 00114/ 00115/ 00116/ 00117/ 00118/ 00119/ 00120/ 00121/ 00122/ 00123/ 00124/ 00125/ 00126/ 00127/ 00128/ 00129/ 00130/ 00131/ 00132/ 00133/ 00134/ 00135/ 00136/ 00137/ 00138/ 00139/ 00140/ 00141/ 00142/ 00143/ 00144/ 00145/ 00146/ 00147/ 00148/ 00149/ 00150/ 00151/

手相鑑定をご希望の方はこちらよりご予約をお願いします




Copyright (c) 2004-2018 omoti inc.
当サイトで使用している画像・記事は無断転用禁止です。
当サイトで使用しているすべての画像・写真の著作権は管理人omotiにあります。
写真以外の物も、リンク用バナー以外は無断転用禁止です。