TOP | 携帯版 | 手相鑑定を実施しています |
トップ予約リスト(873) > [No:00288]湖々さんの鑑定ページ(処理済)
過去の鑑定/ 手相鑑定マップ

■手相画像
00288
画像をアップロード
(投稿者専用)

手相鑑定・占い No.00288
湖々さんの鑑定ページ

49
情  報  名内   容
登録ナンバー00288
鑑定時年齢49歳
現年齢56歳
性別女性
投稿日時100712 01:45:17

■依頼者の書き込み内容表示   記事の投稿・編集(投稿者専用)
 
結婚して25年になりますが、ここ数年旦那に優しい気持ちがもてません。彼は収入が安定しないので私が深夜まで働くこととなり、疲れがとれません。付き合っているわけではないのですが心の支えになってくれている男性がいて、私にとってはその人の方が大切なので、離婚も考えています。家庭運、金銭運、健康運など、希望に満ちた50代を迎えられたらと思い、鑑定をお願いいたします。

■鑑定画像





画像をアップロード
(管理人専用)



■鑑定結果  記事の投稿・編集(管理人専用)
 

■投稿日時:10/07/26 07:21:57
こんばんわ。
手相鑑定遅れて申し訳有りません。
早速鑑定を開始しますね。


●性格・才能について

知能線の起点が生命線と標準的に重なっているため、一般的な思考の持ち主。


そして知能線の終点が月丘へ緩やかに向かう。いわゆる文系タイプですね。
標準より精神的傾向の強い方で、芸術への才能があることをも表す。

●運勢について

両手とも、〜35歳頃までは運命線が複雑でかなり読みとりが難しい手相。

<内面・生まれ持った宿命・有する才能を表す左手の相>
※左手は、あなたがもって生まれた資質を暗示する手です。
生命線の終点から緑色運命線が生じています。
時期としては幼少〜50歳過ぎ頃までで感情線との交点で止まる。

幼い頃から家の事情により色々と苦労をされたのかも・・・・。
家の事情で束縛されたり、家計を助けるために小さい頃から仕事をしたり。そんな苦労が忍ばれる相です。
ですがこの線を持つ人は大抵の場合苦難に強く、少しの困難にはへこたれない強さを持つ。
苦労したが故の強さという奴かもしれませんね。

25歳頃、緑色運命線に流れ込むようにして青色寵愛線が刻まれているようですね。
寵愛線は他者からの援護を強く受ける吉相です。
寵愛線が流れ込んだ後から運命線が強くなるならば、他者からの援助を大いに受けて運勢が向上していくでしょう。
逆に流れ込んだ後から運命線が弱くなるならば、他者からの援護はかえって悪い影響となってしまします。

寵愛線は女性の手にある場合、主にパートナーとの出会いを暗示するものです。
ですが、寵愛線の意味として「あなたに重大な影響を与える人との出会い」ということなので、単に仕事上での出会いという事も考えられます。

ただ、これは寵愛線という良い形をとるものの、この寵愛線が刻まれた直後、運命線上に島を生じる。

運命線上の島は運勢が滞ることの暗示。
島は小さい程意味が悪い。
何をやっても上手くいかず、動けば動くほどかえって状況が悪化してしまうこともしばしば。
この時期はひたすら耐え続けるべき時期です。
資格取得などの勉強をしつつ実力を蓄えるべき時期ですね。
時期としては25〜29歳前後まで。

その後、妨害線が生じているようですね。
時期としては29を少し過ぎた頃と、33歳前後。
運命線上の妨害線は、仕事や生活上に生じるトラブルを暗示するもの。
妨害線が刻まれている時期を運命線の流年方で見て、妨害が生じる時期を推測します。

妨害線運命線より太い場合、運勢上に与えるそのダメージは計り知れない。
逆に運命線より細いならば、ダメージを受けるもののなんとか乗り越える事が出来るでしょう。

感情線で止まる運命線は感情的なトラブルにより運勢を滞らせる暗示。
時期的に55歳前後。この時期の前後は感情的トラブル・家庭内トラブルに特に注意してください。

また、これとは別に他者の強い援助を暗示する黄色運命線が。
黄色運命線月丘から生じています。
これは他者からの援助・支援を受けて運勢が開かれていく運命線です。
多くの人に助けられるか、一個人に助けられるかは分かりませが、あなたにとって他者からの援助が必要不可欠な時期だということです。

この月丘から生じる運命線の特徴は、その多くが知能線あたりで止まってしまう、ということです。
これは考え違いや配慮不足により他者からの援助が滞ってしまう事を意味するもの。
月丘から生じた運命線が晩年まで続くことはかなり稀です。

あなたの場合、丁度29歳頃の島が終わる頃にこの他者からの援助を受ける黄色運命線が消えていますね。
支援がここで滞ってしまったのかもしれません。

次に、また別の黄色運命線が、33歳前後より知能線から生じる。
途中、50歳前後にやや乱れるものの、感情線との交点より強くなり晩年へと至る。

<外面・あなた自身が変えてきた運勢を表す右手の相>
※右手は、あなた自身の行動によって切り開かれてきた今のあなた自身を暗示するものです。
青色運命線生命線の末端から生じるのは左手同様。
緑色運命線が25歳手前より生じて33歳頃で別の青色運命線に変わる。
途中、25歳前後で寵愛線の影響を受けるが、同時に妨害線も生じる。
「トラブルが起きた時期にあなたに強い影響を与える人と出会う」
もしくは
「強い影響を与える人と出会い、それがトラブルの元となる」
のどちらかの意味合いでしょう。
その後も妨害線は多く刻まれ、28歳〜35歳頃にかなり多くの妨害線があるため、苦労多い時期だったのでしょう。

これとは別に、紫色運命線月丘より生じますが、これも左手と同じように28歳頃で消える。
末端が乱れに乱れているため、この援助はなんとも悲しい終わり方をしたのかもしれませんね・・・。

33歳少し手前、トラブルの多かった時期より黄色運命線が生じ、50歳頃で妨害線により妨害を受けて止まる。
これとは別に、33歳頃、青色運命線が生じて50歳頃妨害線の影響を受けて止まる。

運命線妨害線で止まる。
これは運勢に対して多大な悪影響を与える事柄が生じ、今までの運勢を終わりにしてしまう暗示。
それは怪我や病気であったり、倒産・リストラなど。
妨害線が太ければ太い程、そのダメージは大きい。

途中、42歳頃、妨害線の影響を受ける。

現在、50歳以降の運命線が無く、現実的視点からみれば不安な手相。


●金運について
財運線・金運線をみた金運について>
細かい財運線(金運線)が複数本刻まれるのは、散財の相です。
入ってくる金額よりも出ていく金額が多くなる暗示であり、貯金をすり減らす暗示でもあります。
財運線はとても変化しやすい相なので、財運が安定してくれば細かい線のうち一本が明確になっていき、他の細かい線は消えていくものです。

太陽線をみた成 功運について>
第二火星丘から太陽線がカーブを描いて生じていますね。
第二火星丘から生じた太陽線は、あなたの地道な努力により成功をつかむ暗示。
この太陽線を持つ人はある意味で苦労人。
人がよーやらんような地味な作業をじっと我慢しながら続け、その果てに栄光をつかむというタイプの太陽線
そのため、日々の努力は怠らないようにしましょう。きっと、あなたの苦労がむくわれる時が来ますよ。

太陽線上に妨害線が生じていますね。

太陽線上に妨害線が刻まれる方の多くは、運命線上にもトラブルを現す妨害線が生じているケースがほとんどです。
これは太陽線の暗示する成功に至るまでに困難を乗り越えなければならない相で、苦労の多い方に現れがちな手相と言える。
失意・失脚を暗示する相。

●恋愛・結婚について
結婚線の状態を見ると、25歳前後のものはかなり薄く、それ以降のものが大変濃い。
25歳頃に出会った方との縁は薄いと言わざるを得ない。
それに反し、やや晩年に関係の有る方とは縁が強く、明らかにこちらが本命でしょうね。

運命線の状況から見て、両手共に妨害線による妨害を受ける事から、離婚というケースは確かに考えられます。
ただし、右手の運命線の切れ方が「妨害線に遮られて運命線が消える」という、運命線の状態としてはかなり悪い切れ方をしています。

離婚及びその後の生活についてよく吟味し、計画的に物事を進めないと危うい。

●健康運について
生命線が切れていますね。
生命線は生活上の変化や怪我・病気などを暗示するもの。
切れている箇所を生命線流年法で時期を判断し、その切れている時期に生活上の大きな変化や病気・怪我を疑う必要があります。
生命線が切れている方の多くは、同時期に運命線にもなんらかの異常が現れているケースが多いため、こちらも併用して判断すると良いでしょう。

放縦線生命線を切っている状態ですね・・・・。
過度に成長した放縦線は長期に渡る慢性的なストレスや苦痛が心身に大きなダメージを与えている証拠であります。
放縦線月丘の側面近くから生じ始め、疲労が溜まるに連れて生命線側に伸びていきます。
ついには生命線を切るわけですが、放縦線が成長し生命線まで至ると言うことは、「長年に渡る疲労がその人の体に異常を生じさせることが決定した状態」と言えます。

左手のみがこの状態で、右手の放縦線がそれほどでもないならば、まだ病は顕在化していない状態。 
だが、両手とも強い放縦線生命線を切る場合、過度の疲労が極限まで達し、いつ倒れてもおかしくない状態であることを示す。

あなたの場合は両手共に放縦線が強く生じ生命線を切るため、寿命を削りながら仕事をしている状態と思って下さい。

左手の生命線の切れている部分が50歳前後のため、余程気を付けないといけない。


●まとめ
若い頃から苦労が多く辛い思いをされた事でしょう。
50歳頃の運命線上の妨害線生命線の切れ、極限まで発達した放縦線、晩年に良い結婚線などトータルで考えてみて、離婚という選択肢も視野にいれなければならないでしょう。
ただし右手の運命線が50歳頃、妨害線により遮断されているため、今後の生活についてよく吟味しないといけない。

幸いなことに左手の黄色運命線感情線との交点より強くなり晩年まで至るので、もしも心の支えになってくれている男性にお世話になれるならば、その方がよいのかもしれません。

とにかく体を痛めつけている状態なので、静養が必要と思います。

では。
※質問内容に対する返答待ちの方で、1週間が経過しても返答がない!という人はお手数ですが再度メールにてご連絡ください。 もしくは、「記事の投稿・編集(投稿者専用)」にてその旨を記載いただければ、その内容が管理人にメールされるようになっていますので、返答が無い事を記入してください。



00238/ 00239/ 00240/ 00241/ 00242/ 00243/ 00244/ 00245/ 00246/ 00247/ 00248/ 00249/ 00250/ 00251/ 00252/ 00253/ 00254/ 00255/ 00256/ 00257/ 00258/ 00259/ 00260/ 00261/ 00262/ 00263/ 00264/ 00265/ 00266/ 00267/ 00268/ 00269/ 00270/ 00271/ 00272/ 00273/ 00274/ 00275/ 00276/ 00277/ 00278/ 00279/ 00280/ 00281/ 00282/ 00283/ 00284/ 00285/ 00286/ 00287/ 00288/ 00289/ 00290/ 00291/ 00292/ 00293/ 00294/ 00295/ 00296/

手相鑑定をご希望の方はこちらよりご予約をお願いします




Copyright (c) 2004-2017 omoti inc.
当サイトで使用している画像・記事は無断転用禁止です。
当サイトで使用しているすべての画像・写真の著作権は管理人omotiにあります。
写真以外の物も、リンク用バナー以外は無断転用禁止です。