TOP | 携帯版 |
トップ予約リスト(873) > [No:00337]アッコさんの鑑定ページ(処理済)
過去の鑑定/ 手相鑑定マップ

■手相画像
00337
画像をアップロード
(投稿者専用)

手相鑑定・占い No.00337
アッコさんの鑑定ページ

41
情  報  名内   容
登録ナンバー00337
鑑定時年齢41歳
現年齢49歳
性別女性
投稿日時100904 03:40:28

■依頼者の書き込み内容表示   記事の投稿・編集(投稿者専用)
 
結婚運、仕事運、総合運など、これから注意すべき事項などを総合的に見ていただきたく、宜しくお願いいたします。



■投稿日時:10/09/04 03:41:40


■投稿日時:10/09/04 03:41:57

■鑑定画像




画像をアップロード
(管理人専用)



■鑑定結果  記事の投稿・編集(管理人専用)
 

■投稿日時:10/09/13 08:34:27
お早うございます。
鑑定を開始致します。

これから様々なトラブルの時期や良い運勢がまわってくる時期を書き記していきますが、手相からその時期を確実に言い当てるのは困難と言わざるを得ません。
(私の場合は生年月日参考に他の占いと併用しておおよその時期を推測しています)
これから書いていく年代には前後数年のズレがある事を頭に置いて下さい。


●性格・才能について
知能線の起点が生命線よりやや離れているので、標準より積極的・開放的な性格。
明るい性格が周りからの援助をもたらし、恋愛運・結婚運をも引き寄せる。

ただし考え無しに行動すると取り返しの就かない事になるので、押さえるべき部分は慎重になった方が良いでしょう。

そして知能線の終点が月丘へ緩やかに向かう。いわゆる文系タイプですね。
標準より精神的傾向の強い方で、芸術への才能があることをも表す。

左手の場合、緑色の知能線が別に生じている。
知能線の起点が生命線と深く重なって生じるため、大変慎重な性格を持ち合わせていると言える。

明るく開放的な性格に加え、慎重な性格も持ち合わせている状態なので、あらゆる状況に応じて性格を切り替えて考えることが出来る。
恐らくはこの慎重な性格は長い人生の中で様々な経験を積み、後天的に生じてきたものでしょう。



●運勢について
<外面・あなた自身が変えてきた運勢を表す右手の相>
※右手は、あなた自身の行動によって切り開かれてきた今のあなた自身を暗示するものです。
黄色の運命線が若年より生じ、31歳前後で妨害線による妨害を受ける。

この黄色の運命線、22歳頃に旅行線と交わる。
この点は放縦線と交わる点でもあり、なにか意味があるのかもしれません。
もしも旅行線の影響を受けているならば、22歳前後で旅に関わる出来事(家をでて働く、旅先で強い影響を与える人の出会い等)があったのかもしれません。
(これに関してはまだ断言できるほど研究が進んでいないので・・・外しているかもしれません)

運命線上の妨害線は、仕事や生活上に生じるトラブルを暗示するもの。
妨害線が刻まれている時期を運命線の流年方で見て、妨害が生じる時期を推測します。

妨害線が運命線より太い場合、運勢上に与えるそのダメージは計り知れない。
逆に運命線より細いならば、ダメージを受けるもののなんとか乗り越える事が出来るでしょう。

手相の良いところはこの妨害線の位置により、「いつ頃トラブルが生じるか」を未然に知ることができるということです。
運命線上に刻まれた妨害線の意味は、経験上ほとんどの場合外す事はありません。
それ故、この妨害線の時期が来るまでの間に、出来うる限りの対策(貯蓄・資格取得・人脈形成等)をするようお勧めしています。

あらかじめ備えることにより、妨害線が□(スクエア)に変化することが、ままあります。
運命線上の□は「トラブル・災難により生じる影響を最小限に止める」という意味合いがあります。

その後、緑色の運命線上に島を生じているように見える。
運命線上の島は運勢が滞ることの暗示。
島は小さい程意味が悪い。
何をやっても上手くいかず、動けば動くほどかえって状況が悪化してしまうこともしばしば。
この時期はひたすら耐え続けるべき時期です。

この島が終わるのが40歳手前頃。
その後はある程度運勢は安定するが、46歳頃で白色の線に交わった点で止まる。
この線は感情線から伸びてきた線と、知能線から伸びてきた線が交わったものでしょう。
これは諸説ありますが、パートナーから受ける影響と、あなたがパートナーへ与える影響を意味するものという説があります。
この46歳前後は、結婚生活上でなんらかの変化があるかもしれません。
その後、青色の運命線が生じ、晩年まで続く。
この青色の運命線は歳を経る毎に強くなっていくもので、同時に太陽線もまた同じく歳を経る毎に強くなる傾向にある。
紫色の運命線もまた、46歳頃に生じ始め、60歳頃まで続く


<内面・生まれ持った宿命・有する才能を表す左手の相>
※左手は、あなたがもって生まれた資質を暗示する手です。
赤色の運命線が若年より生じ、30歳を過ぎた頃に妨害線による妨害を受ける。
この妨害は二度ほどあり、得に2度目の方が影響が大きいようです。

その後、運命線が強くない時期が続きますが、46歳前後で赤色の運命線が新たに生じ、60歳頃まで続く。
感情線上から新たな青色の運命線が生じ、晩年まで続く。
老後は家族に囲まれ安泰という感じかな。末広がりな運気と言えそう。
老人になってから更に活躍するという暗示が。
老後が楽しみな相ですね。


●金運について
<財運線・金運線をみた金運について>

両手とも財運線が細かく薄い。
現状の財運に満足できる状態ではない。

が、水星丘の発達が良好でなので、本質的な財運が無いわけではない。

<太陽線をみた成功運について>
晩年に行けば行くほど強くなる太陽線をもつ。
46歳頃から運命線が強くなるため、この時期より運勢が向上するでしょう。


●恋愛・結婚について
早い時期の結婚線よりも遅い時期の結婚線の方が強いようですね。
もしこの相を持つ方で、早い時期に結婚されている方は、遅い時期に現れた魅力的な異性に心を奪われてしまうかも知れません。
それは結果として不倫関係になるなど、情事のもつれを生じさせ、ついには離婚しその相手と再婚をするという可能性もあります。
結婚線の強さはその人との縁を現す訳で、若年の結婚線が弱いということはそれだけ縁が無い人であったのだと思います。


●健康運について
生命線の末端に島が生じているようですね。
島は体調の不調や病気を表す相。注意が必要です。

特に慢性的疾患を意味するとされる島ですので、長期的な不摂生が体の病を進行させている危険性がある。
時期的に生命線の中央〜終端の範囲に刻まれることから、その病が顕在化するのは50歳以降となる場合が多い。
島が刻まれている範囲を生命線の流年で見て、その闘病生活の時期を知ることができます。

もし、島を抜けた後の生命線がある程度ハッキリしているため、闘病生活の後に健康な体を取り戻すこともできるでしょう。



●まとめ

右手の運命線上の島をみる限り、30歳〜40歳頃までは運勢が余りよい状態ではなかったか。
46歳前後より新たな人生の展開が見られ、この時期から社会運が強くなることが予想されます。

では。
※質問内容に対する返答待ちの方で、1週間が経過しても返答がない!という人はお手数ですが再度メールにてご連絡ください。 もしくは、「記事の投稿・編集(投稿者専用)」にてその旨を記載いただければ、その内容が管理人にメールされるようになっていますので、返答が無い事を記入してください。



00287/ 00288/ 00289/ 00290/ 00291/ 00292/ 00293/ 00294/ 00295/ 00296/ 00297/ 00298/ 00299/ 00300/ 00301/ 00302/ 00303/ 00304/ 00305/ 00306/ 00307/ 00308/ 00309/ 00310/ 00311/ 00312/ 00313/ 00314/ 00315/ 00316/ 00317/ 00318/ 00319/ 00320/ 00321/ 00322/ 00323/ 00324/ 00325/ 00326/ 00327/ 00328/ 00329/ 00330/ 00331/ 00332/ 00333/ 00334/ 00335/ 00336/ 00337/ 00338/ 00339/ 00340/ 00341/ 00342/ 00343/ 00344/ 00345/

手相鑑定をご希望の方はこちらよりご予約をお願いします




Copyright (c) 2004-2018 omoti inc.
当サイトで使用している画像・記事は無断転用禁止です。
当サイトで使用しているすべての画像・写真の著作権は管理人omotiにあります。
写真以外の物も、リンク用バナー以外は無断転用禁止です。