TOP | 携帯版 |
トップ予約リスト(873) > [No:00361]ムッシュさんの鑑定ページ(処理済)
過去の鑑定/ 手相鑑定マップ

■手相画像
00361
画像をアップロード
(投稿者専用)

手相鑑定・占い No.00361
ムッシュさんの鑑定ページ

53
情  報  名内   容
登録ナンバー00361
鑑定時年齢53歳
現年齢60歳
性別男性
投稿日時100927 05:27:26

■依頼者の書き込み内容表示   記事の投稿・編集(投稿者専用)
 
会社経営者です。今後1年間、3年間、10年間のビジネス上の運気を知りたいです。多少冒険であっても積極的に攻める方が良いのか、それとも無理をせずに慎重にことを進めていくほうが良いのか、運勢上の観点からご鑑定ください。よろしくお願いいたします。

■鑑定画像





画像をアップロード
(管理人専用)



■鑑定結果  記事の投稿・編集(管理人専用)
 

■投稿日時:10/10/03 07:23:27
アップロード申請メール送付済み

■投稿日時:10/10/04 09:40:06
お早うございます。
鑑定を開始致します。

これから様々なトラブルの時期や良い運勢がまわってくる時期を書き記していきますが、手相からその時期を確実に言い当てるのは困難と言わざるを得ません。
(私の場合は生年月日参考に他の占いと併用しておおよその時期を推測しています)
これから書いていく年代には前後数年のズレがある事を頭に置いて下さい。


●性格・才能について
まず悩んだのが知能線の上にある線。
赤色の横線で、仕事線か知能線かかなり悩む形で刻まれています。
これを知能線とするならば、
基本的に小心者だが創造力が働くタイプと言える。
美術・芸術・芸能・ライターなどに向く。
積極性に欠ける面がある点に注意。

仕事線とするならば、仕事から逃れられない境遇となり、運勢上の40歳を過ぎた頃に仕事上での大きなトラブルを生じる事を意味する。

<両手の知能線について>
知能線の起点が生命線と標準的に重なっているため、一般的な思考の持ち主。
そして知能線の終点が月丘へ緩やかに向かう。いわゆる文系タイプですね。
標準より精神的傾向の強い方で、芸術への才能があることをも表す。

垂れ下がり方がかなり強いので、精神的な傾向が強い方と言える。

マネジメント線が刻まれていますね。

マネジメント線は人差し指下に刻まれる半月形の線です。
物や人を管理する立場にある人や、管理の才能がある人に刻まれる線です。


●運勢について
<内面・生まれ持った宿命・有する才能を表す左手の相>
※左手は、あなたがもって生まれた資質を暗示する手です。
黄色の運命線の末端は生命線と混合したような形になっている。
身内からの影響を受けやすい時期が〜25歳頃まで続いたか。
25歳以降、運命線がまっすぐになり、32歳頃まで続く。
安定した運勢は25〜30歳頃までか。

30歳頃、仕事線が延びて運命線を妨害する。一種の妨害線となっている。

運命線上の妨害線は、仕事や生活上に生じるトラブルを暗示するもの。
妨害線が刻まれている時期を運命線の流年方で見て、妨害が生じる時期を推測します。

妨害線が運命線より太い場合、運勢上に与えるそのダメージは計り知れない。
逆に運命線より細いならば、ダメージを受けるもののなんとか乗り越える事が出来るでしょう。

手相の良いところはこの妨害線の位置により、「いつ頃トラブルが生じるか」を未然に知ることができるということです。
運命線上に刻まれた妨害線の意味は、経験上ほとんどの場合外す事はありません。
それ故、この妨害線の時期が来るまでの間に、出来うる限りの対策(貯蓄・資格取得・人脈形成等)をするようお勧めしています。

あらかじめ備えることにより、妨害線が□(スクエア)に変化することが、ままあります。
運命線上の□は「トラブル・災難により生じる影響を最小限に止める」という意味合いがあります。

仕事線を持つ人は仕事に対して情熱を燃やす方か、仕事から離れられない境遇の方か。
遊んでいるより仕事をしていた方が気楽かもしれませんね。

ただしこの仕事線というのは曲者で、本人が望む望まないにも関わらす仕事の中に身を置かなくてはならない状態になりがちだ、ということです。
仕事がハードになり、心身共に多大な影響を及ぼし始めると仕事線が延び、運命線を切り、最終的に生命線を切ります。

私の場合、20時間勤務/日という荒行を半年間続けた頃がありましたが、それが26歳前後でした。
上司が自殺し、部下は裏切り、かつての親友に裏切られ、頼りにしていた方が過労死し・・・思い出すだけでぞっとする時期でした。
その頃、仕事線を見るとみるみるうちに仕事線が延び、運命線を寸断し、生命線に至りました。
その後著しく体調を崩し、なし崩し的に会社を辞めざるをえない状態に追い込まれたので、仕事線の恐ろしさを痛感しています。

32歳頃、運命線が途切れる訳ですが、この後に生じている青色の運命線との間に空白期間がある。
運命線上の空白期間は、失業期間であったり、社会的に活動していない状態である事を示します。
この時期仕事が無くてお金に困ったりするような状態になる可能性がありますね。

青色の運命線が知能線より生じています。
これはあなた自身の力量・才覚を発揮して運勢を切り開いていく運命線です。
あなたの持っている才能をフルに生かす仕事を暗示するもの。

このタイプの運命線は本人が努力して才能を磨くことにより末端が伸びていきます。
更なる努力を続ける事で、晩年も働き続けることができるようになるでしょう。
このタイプの相が刻まれる人の多くは、強い希望線や努力線を伴っている事が多い傾向にある。

また才能が開花するに従い、知能線とこの運命線との交点から財運線や太陽線が出てくることがあります。

青色の運命線は68歳頃まで続くが、その間に変化が見られる。
41歳頃、知能線か仕事線かが分かりづらいこの線と交わった点より、青色の運命線が勢いを無くす。
丁度、この位置に島があるのも気になる。
仕事線が運命線を妨害する形で横たわり島が生じているというならば、仕事が過度に忙しくなり身動きがとれなくなったか、仕事上のトラブルを生じて身動きがとれなくなった時期か。
その後、青色の運命線が薄くなるため、運勢的に低下した時期なのかもしれませんね。

その後、紫色の□(スクエア)が横に生じている。
これは、何らかのトラブルに巻き込まれる恐れがあるものの、その被害は最小限に押さえられることを意味する。
スクエア内に妨害線や島、星、×印などの凶相があるならば、それらの凶相の意味する凶意を減じる事ができる。
逆に、これらの凶相に対してスクエアが刻まれていないならば、それれらの凶意をまともに被ることとなる。
スクエアは現時点で刻まれていなかったり、刻まれていたとしても弱い事があっても、年齢を重ねる毎に刻まれてくる事も良くあります。
比較的変化の大きい相と言えます。

この□(スクエア)の影響か、青色の運命線の勢いは回復し、そのまま得に妨害もなく68歳頃まで続く。



<外面・あなた自身が変えてきた運勢を表す右手の相>
※右手は、あなた自身の行動によって切り開かれてきた今のあなた自身を暗示するものです。
若年より生じた緑色の運命線が25歳頃まで続く。
生命線の内側から運命線が生じていますね。
これは身内からの援助や支援を受けて運気が上昇するという運命線です。

その後、黄色の運命線が25歳頃より生じるが、知能線との交点で止まる。
運命線が知能線で止まる。
これはあなたの不注意や力不足によりそれまでの運勢を滞らせてしまう事を現しています。
この相の場合、あなた自身がつねに注意を怠らないようにすることで、知能線との交点に□(スクエア)が生じてくることがよくあります。
□(スクエア)は線の悪い意味を軽減する力があるため、被害を最小限に抑えることができることを暗示しています。

また同時期に青色の努力線が生じるが、やはりこれも知能線を越える事無く妨害線で止まる。

このタイプの運命線の良いところは、あなた自身が必至に努力することでぐんぐん成長していく所。
この運命線が知能線より上まで伸びるならば、あなたの努力が実り社会的に成功できるでしょう。

残念ながらあなたの努力は実らず、32歳頃でこの努力を諦めざるを得なかったのかもしれません。

知能線から新たに緑色の運命線が生じ、68歳頃まで続く。
30歳中程から生じたこの運命線は、41歳頃、赤色の仕事線か知能線か判断しづらい線と交わった点で、若干方向を変える。
運命線が方向を変えるのは運勢上の変化を暗示するので、この時期になんらかの変化を生じた可能性がある。
その後、50歳前後で緑色の運命線が大きく方向を変えているのも、同じく運勢上の大きな変化。

この50歳頃は紫色の□(スクエア)による運勢上の保護も大きく影響しているでしょう。

よく見ると緑色の運命線横に黄色のパートナー線が生じています。
パートナー線は身近な方に支えられながら運勢を歩むことを暗示させる相。
その相手は身内・家族であったり、結婚相手・友人であったりと様々です。文字通り、パートナーとの出会いも暗示させます。

このパートナー線の影響は、50〜68歳頃まで続くようですね。

59歳頃、緑色の線が太陽線に流れ込むようにして生じている。
これは不動産線の形を取る。
不動産線とは「不動産を得る」事を意味するものですが、不動産を得るほどの財を得るという意味でもあります。
運命線から生じた太陽丘側の線は開運線と呼ぶもので、強い開運を暗示するものでもあります。
これらの線が太陽線に至る訳ですから、財運も向上するというのもうなずけますね。

この緑色の太陽線は晩年のものなのですが、かなり形が良いため晩年運が好調と言える。




●金運について
<財運線・金運線をみた金運について>
財運線が強く刻まれていますね。
良好な財運を持つ方、と言えるでしょう。
両手とも良い状態なので、財運は良い。

<太陽線をみた成功運について>
両手とも太陽線が明確にでている。
得に右手の晩年の緑色の太陽線の状態が良いため、晩年運は良いと言える。

●恋愛・結婚について
左手の結婚線を見ると30歳頃が強い。
結婚線がY形に分かれています。
これは別離を表す相。単身赴任になって物理的に遠ざかってしまうか、近くにいながら心の疎通がないか。
どちらかは分かりかねますが。

結婚線は比較的変化が激しい相で、自身の配慮により相が良くなる事があります。

右手の結婚線を見ると、かなり早い時期に結婚線が刻まれているが、30歳以降のものよりも短く弱いので本命ではない。
本命は30歳をやや過ぎた頃のものでしょう。



●健康運について
これといって目立った健康上の悪相はない。
ただ、左手の生命線の末端が運命線と混合しているので、仕事をすることで寿命を延ばす事ができる。
仕事をしている間は健康上のトラブルは生じにくいが、逆に言えば仕事を離れると健康上に様々な障害を生じるようになる。

両手とも運命線は68歳頃まで刻まれているが、運命線の末端は本人の努力により伸びるものなので、本人次第で68歳以降も働くことができるでしょう。

●まとめ
晩年はこれといった妨害の相も無く、太陽線から見ても好調と言える。
仕事線が両手とも刻まれているので、仕事をするために産まれてきたような人なのかもしれません。
好調な晩年運を持つので、これからも一線で活躍できるでしょう。

では。



■投稿日時:10/10/04 09:43:26

※質問内容に対する返答待ちの方で、1週間が経過しても返答がない!という人はお手数ですが再度メールにてご連絡ください。 もしくは、「記事の投稿・編集(投稿者専用)」にてその旨を記載いただければ、その内容が管理人にメールされるようになっていますので、返答が無い事を記入してください。



00311/ 00312/ 00313/ 00314/ 00315/ 00316/ 00317/ 00318/ 00319/ 00320/ 00321/ 00322/ 00323/ 00324/ 00325/ 00326/ 00327/ 00328/ 00329/ 00330/ 00331/ 00332/ 00333/ 00334/ 00335/ 00336/ 00337/ 00338/ 00339/ 00340/ 00341/ 00342/ 00343/ 00344/ 00345/ 00346/ 00347/ 00348/ 00349/ 00350/ 00351/ 00352/ 00353/ 00354/ 00355/ 00356/ 00357/ 00358/ 00359/ 00360/ 00361/ 00362/ 00363/ 00364/ 00365/ 00366/ 00367/ 00368/ 00369/

手相鑑定をご希望の方はこちらよりご予約をお願いします




Copyright (c) 2004-2017 omoti inc.
当サイトで使用している画像・記事は無断転用禁止です。
当サイトで使用しているすべての画像・写真の著作権は管理人omotiにあります。
写真以外の物も、リンク用バナー以外は無断転用禁止です。