太陽線

太陽線上に○(輪紋)が生じる

太陽線上に○(輪紋)が生じる

基本解説

手相の上に現れる○(輪紋)については、様々な手相書で見解が分かれている部分です。

ある手相書では輪紋はその丘の意味あいを弱めるといった説。
また別の手相書ではその丘の意味あいを強めるといった説。
非常に見解が分かれるところですが、太陽線上に生じた輪紋に関しては悪い相ではないようです。

太陽線上に生じた輪紋は、成功が大金へと結びつくとされます。
ただしその成功は長続きするものではないようで、成功が生じる数年前から生じ、金運が下降するにつれて輪紋は消えていくようです。

この輪紋というのは面白い特性を持ちます。
他の線が一度刻まれたらなかなか消えるものではないのですが、輪紋はかなり変化の激しい相ですので、現れたり消えたりするのです。

私の具体的な例で言いますと、フィッシュの目がこの輪紋にあたると思うのです。
私は30歳前後に劇的な運勢開花を経験しましたが、このピーク時にはフィッシュの目の部分が明確に現れていました。

そしてその成功による収益が徐々に減っていくに従い、その目の部分は少しずつ消えていったのです。

このようにして、輪紋は現れたり、消えたりするものですので、太陽丘に輪紋が現れ始めた人は、その輪紋の状態を日夜観察するとよいでしょう。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました