運命線

細く安定せずに刻まれる力弱い運命線

細く安定せずに刻まれる力弱い運命線

基本解説

運命線の太さが運勢の強さを表すのだと言うことを述べてきました。
図のように細く薄い運命線が力弱い運勢を暗示するものであることは確かですが、さらに運命線がかすれていたり、蛇行していたりすると更に不安定な運勢を暗示する物となり、非常に不安定な人生となるのです。

このタイプの運命線を持つ人は、仕事に対する熱意に欠けていたり、責任感に欠けていたりと本人に原因があるケースが多いため、自分の生活態度を改善する必要があるでしょう。

運命線は太ければ太いほど仕事から逃げることができない境遇になる、ということを意味します。
今回の場合のように、運命線が細く弱い場合、一つの仕事を続けることができず、複数の仕事を転々とするといった意味合いに取れます。

これは派遣社員や契約社員、パートなどある一定期間が過ぎたら仕事を変える必要があるタイプの相をもっている人に現れがちな相ですね。

正社員になって自分自身が大きな責任を背負ってまで仕事をしたくない、という人にとっては悪くない相なのかもしれませんが、大抵の人の場合、安定した正社員としての仕事を望むものですね。

こういった運命線を持つ人は、一つの目標をきめてその目標に向けて邁進し、努力を続けていくことで、こういった細かく弱い運命線が徐々に太くなっていき、運勢もまた安定してくのです。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました