運命線(写真解説)

運命線が明瞭でない(写真解説)

基本解説

運命線が太く強く刻まれると言うことは、即ち勢いのある人生を歩むと言うことを意味している。

反面、運命線があまり強くなく、明瞭でないならば、社会的に見てあまり活動力のない、目立たない人生を歩む事を暗示する物ですね。

運命線が明瞭でない(写真解説)
運命線が明瞭でない(写真解説)

<<1
<<2
これらの写真を見て頂くと分かると思いますが、運命線がかなり薄い状態、もしくは見えない状態と思います。

運命線はその人の運勢の安定を見るので、写真のように運命線があまり明瞭でないと言うことは、不安定な運勢を歩みが知と言うことになります。

ただし、運命線はかなり変化の激しいsouなので、あなたの努力次第で運命線が明瞭にはっきりと変化してくることはあります。
なので、例えあなたの手の運命線が明瞭でなかったとしても、案ずることはありません。
あなたが必死に努力することで、運勢は変えていけるのです。

手相を鑑定する上で、私は18歳未満の人の手相鑑定をお断りしています。
というのも、18歳未満の人はあまり運命線が明瞭でない状態が多いためですね。

私の経験から言うと、20歳くらいまでは30歳以降の運命線はあまり明瞭ではありませんでした。
22歳を過ぎる頃から、30歳以降の運命線が生じ始めてきた覚えがあります。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました