弱い妨害線

前のページでは強い妨害線について述べました。
どんな線でも太く強く出ればその線の持つ意味合いを強める訳ですが、妨害線の場合は例え細く出ていても注意が必要です。

仮に運命線上の現状よりも未来を現す位置に細く薄い妨害線が生じていた場合を考えてみます。
現状が20歳だとして、30歳頃に薄く細かい妨害線がある状態として仮定。
あなたがなんらかの対策を講じずそのまま歳をとっていくとすると、この妨害線は徐々に太く強くなっていく可能性がある。
逆になんらかの対策を講じると、この妨害線は逆に薄くなっていったり、トラブルを回避する□(スクエア)が生じる可能性もあるのです。

例え細かい妨害線といえど、注意が必要という訳です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です