土星環・土星帯

土星環は中指の付け根である土星丘を半円で切り取るようにして囲む線です。
独自の世界を持つ人に現れる相で、孤独を愛し、自身の生き方を貫き通す人に現れる相です。
土星丘は最終的に運命線が向かうべき先であり、この部位に環が生じるということは、運命線を妨害する妨害線と取れなくもありません。
故に土星環を持つ人は昔から「人生末期に孤独となり寂しい人生を送る」とされ、凶相とされてきました。

ただし、独自の世界観をうまく表現できれば、他人に真似のできない世界観の小説や漫画などの作品を残したりと、美術・芸能方面で奇才を発揮することがある、と文献には書かれています。

自身がこれだと決めたことに対しての集中力は凄まじく、寝食を忘れてただそれだけに没頭し続けるため、他の追随を許しません。
故に、その道を極めるスペシャリストとしての資質があることになりますが、一つのことにのみ集中し続けるために、家族や友人たちを顧みない性質が問題となるようです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。