聡明紋・フェティマの目

今回は「フェティマの目」という相について考えていきましょう。
私は最初、フェティマの目とはなんぞや、という感じでしたが、色々なサイトを巡って調べていくに従い、あぁなるほどなぁとわかってきたことがあります。

フェティマの目は
・深い洞察力を持つ
・勘が鋭い
・神秘的なことに興味を持つ

といった意味合いがあります。
似た線に直感線がありますね。
理性的に物事を考えて判断するのではなく、直感に従い行動するという感じでしょうか。

そもそも、この「フェティマの目」とはなんなのでしょうか。
手のひらの中央にできる島(アイランド)型の線の場合、例えば知能線に島があればそれがフェティマの目だ!といいたいところですが、手のひらの中央での知能線の島というのは鬱病・精神疾患を意味するのでちょっと違うかな、と思います。

となると、画像のように「二重知能線」の変形ではないか、と私は考えています。
画像のように描いた二重知能線の場合、
・月丘へとゆるやかに向かう知能線
→どちらかというと精神的・内向的でじっくり物事を考えて行動する
・末端が上に向く知能線
→物質的な傾向が強く、金銭欲・物欲が強い

これら2本の知能線がある二重知能線の場合、あるときは精神的に考え、またあるときは物質的に考えられるなど、頭の切り替えが上手くできるため、非常に優秀な知能線だと言えるわけです。

これらのことを考えると、フェティマの目、聡明紋は「2つの知能線が組み合わさって出来ている」と考えて間違いないでしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。