C:手相と掌線

運命線や生命線などの線に関するご解説

A:手相ストーリー解説

蛇行する太陽線

基本解説 太陽線は他の線と同様に、まっすぐ明瞭に、太く強く生じるのを最上の線とします。 今回ご紹介するように、線自体が真っ直ぐでなく、曲がりくねっているような状態である場合、太陽線の持つ成功・名誉といった意味は不安...
A:手相ストーリー解説

反抗線が上向きに刻まれている

反抗線が上向きに刻まれている 反抗線を持つ人は正義感が強く、弱気を助け強気をくじく気質を持っているといいます。 他者からの押し付けに強く反発するため、人間関係のトラブルを招く傾向があるのです。 正義感の強い人に現れる相...
A:手相ストーリー解説

手相と財運線(水星線)

基本解説 財運線は別名「水星線」と言います。その名の通り水星丘に生じる縦線です。財運線の名の表すとおり、富・金運・科学的分野での成功を暗示する線となります。 財運線の基本 財運線(ざいうんせん)または金...
A:手相ストーリー解説

結婚線が太陽線に流れ込む(玉の輿相)

基本解説 結婚線が長く伸び、太陽線に流れ込む相を見ることがあります。 これはいわゆる「玉の輿」相と呼ばれ、自身にとって非常に有益な方との出会いを暗示するものです。 結婚により運勢が急激に上昇する相です。 このタイプ...
A:手相ストーリー解説

放縦線

基本解説 放縦線(ほうじゅうせん)は月丘に真横に刻まれる線で、主にその人の体力の消耗度を現します。 現れていない方が良い線で、健康線と刻まれる位置が似通っている点から、両者は本来同じ意味合いを持つ線なのでしょう。 この線...
A:手相ストーリー解説

結婚線の末端がY字に別れる(離別線)

基本解説 結婚線の末端がY字に別れているケースを多く見られます。 結婚線は根本付近が結婚当初を意味し、末端に至るにつれて結婚後の経過を意味するものです。 結婚線がY字に別れると言うことは、結婚生活を続けていくうちに...
A:手相ストーリー解説

結婚線上に細かい縦線が生じている(行き遅れ線)

基本解説 結婚線上に細かい縦の妨害線が複数刻まれている相を多く見かけます。 これはなかなか異性と巡り会える機会が無い状態であるか、異性と関係が進展しにくい状態であることを示します。 結婚線を妨害するように刻まれてい...
A:手相ストーリー解説

結婚線の末端に島(アイランド)がある

基本解説 結婚線は根本部分を結婚した当初とし、末端に行くにつれ結婚生活の経過による変化を現しています。 今回は末端に「運勢の停滞」を意味する島があるのですから、結婚した当初はパートナーと良い関係であったり、家計も苦...
A:手相ストーリー解説

妨害線(障害線)に阻まれる結婚線

基本解説 結婚線に対して縦に刻まれる線、すなわち妨害線ですが、結婚生活上の妨害を暗示するものです。 結婚線による結婚生活の変化についてですが、結婚線の根本(手の側面側)が結婚当初で、手のひら側に行けば行くほど結婚生...
A:手相ストーリー解説

妨害線(障害線)に阻まれる結婚線

基本解説 結婚線に対して縦に刻まれる線、すなわち妨害線ですが、結婚生活上の妨害を暗示するものです。 結婚線による結婚生活の変化についてですが、結婚線の根本(手の側面側)が結婚当初で、手のひら側に行けば行くほど結婚生...
A:手相ストーリー解説

上を向く結婚線(玉の輿線)

基本解説 結婚線はその状態により、結婚後の生活がどのように変化していくかを推測することができます。 結婚線が上を向いていくのは、結婚生活が上手く行き徐々に生活が豊になっていく暗示です。 理想としては長く斜め上に伸び...
A:手相ストーリー解説

5本以上の結婚線(結婚線が大量にある)

基本解説 結婚線は1~3本刻まれるのが普通で、それ以上多く刻まれると恋をしては別れの繰り返しとなる可能性があります。 もしもこれら複数の結婚線がどれも似たような太さ・長さである場合、あれこれと目移りして結局はチャン...
タイトルとURLをコピーしました