ますかけ線

ますかけ線が明確に刻まれている

ますかけ線が明確に刻まれている

基本解説

ますかけ線は事業に向き金銭的資質が強い傾向であることを意味する。
しかし、性格的には強情で片意地を張りやすいため、人間関係で苦労しやすい。
運勢的には波が強く、非常に強い運勢を持っていたかと思うと、次の瞬間には最底辺まで転落している、といった風に安定しない。

ますかけ線が明確に刻まれている場合、ますかけ線の持つ特徴的な意味合いである頑固・強情・意地っ張りな性格的要素が強くなります。
また同時に、事業に向く金銭的資質が強くなります。

この線と同様に、明確な太陽線運命線財運線の3本の線が明確に刻まれている場合、確実な成功の暗示となります。
政治家や官僚・社長など高い地位に恵まれ権力を行使できるでしょう。

ストーリー解説

ますかけ線が明確に刻まれている

さてさて、今回もやってきましたストーリー解説。
今回は「明瞭なマスカケ線」とそれに伴う様々な線のからみについて、考察していきましょうか。

あまろりちゃん

ているちゃんこんにちは。
今回は結構複雑な相みたいですね。
なんでこんな面倒な相を解説するんですか。
説明責任ありますよね?説明を要求しますよ?

なんでそんな喧嘩腰なのかな^w^;
長年手相見てるけど、手相って一人として同じ相ないのよね。
そして大抵、非常に複雑な手相を読み解くのってめちゃくちゃ難しい。
わっちが昔鑑定してた時は一人の手相を観るのに3時間くらいかかってたし。

ひえぇ・・・3時間
そんなんで商売成り立つんですか?
超めんどくないですか?

めんどかったねぇ・・・。
余談はこのあたりにして、解説解説っと。
赤色のマスカケ線が強力に現れているから、良性のマスカケやね。
強情で頑固で意地っ張りな面はあるけど、出世したあとはワンマンパワーで周りを轢き殺しながら爆走する経営者にってのが、マスカケの利点なんだけど、その利点が生かされやすいね。

ているさん、個人的にマスカケ線持ちに偏見持ってません?
マスカケ線持ちに親を殺されたとか・・・。

それはないけど^w^;
まぁ、実際に見てきたマスカケ線の持ち主は変な人ばっかだったしね。仕方ないね。
まずはこの人の若い頃から見ていこうか。
青色の運命線が青年期から生じて30歳中盤で薄紫色の影響線と交差してるね。

影響線って異性から受ける悪い影響だっけ?
運命線が影響線で止まるって、確か異性から受ける悪い影響で運勢が滞るって説明してたよね。

そのとおりだね。
よく見ると、黒色結婚線の支線が伸びて、30歳後半に影響線を切るから、「結婚相手から受ける非常に悪い影響」により、それまでの運勢が終わってしまうことを意味してるんだ。

結婚相手に親を殺されるとかかな・・・?

いや、多分それはないと思うよ^w^;
まぁ離婚して財産かっぱらわれるとかそういう感じだろうね現実的に。
でもその後、マスカケ線から割と立派な茶色の運命線でるから、結婚被害は忘れて、バリバリ働いて行くんだろうね。

緑色の太陽線が出てるし、成功しそうだよね。
そういえばよく見ると、茶色の運命線と、緑色の太陽線の間に、なにか橋渡ししているような水色の線がみえるけど、これはなに?

これは「不動産線」っていって、文字通り「不動産を得る」ほどの金銭を得られることを意味するんだ。
この人の場合、40歳以降はマスカケ線の表すワンマンパワーで成功するんだろうね。
でもね・・・ちょっと気になる点が。

何?
親を殺されるとかそれに類似したことが起きるのかな。

^w^;(あえて突っ込まない)
茶色の運命線の末端に、があるのよね。
運命線末端の島は「人生末期に起きる停滞」を意味するから、40歳~は割と順調に行っていた人生が、最後の最後で上手くいかなくなるんだろうね。

(ふぅん、やはり親を失った悲しみは痛かったか・・・。)

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました