生命線(写真解説)

太く明確に刻まれた生命線(写真解説)

基本解説

生命線の写真解説をここまでみてきてくれた人は、もうすでに生命線の強弱についての知識は得ていると思います。

太く明確に刻まれた生命線(写真解説)

ですがここで一度おさらい。

太く明確に刻まれた生命線(写真解説)


この2枚の写真を見れば生命線には強弱があるのだということはわかったと思います。
前者は生命線がとても明瞭で金星丘が発達し、「みるからにエネルギッシュで体力がありそう」な感じがしますね。

手相を見る上で、この「なんとなく強そう!」といったイメージは重要。

職場や社交場などで一瞬相手の手のひらを見ただけでわかる線というのは、生命線・感情線知能線と、太い運命線くらいですが、生命線は一番目に入りやすいので、その人が活動的か活動的でないかは一瞬で判断出来ます。

前者の場合、青色の火星線もありますので、その活動力は相当なものと言える。

逆に後者のように生命線自体が弱く勢いがないような場合、活力に乏しいといわざるをえません。

こういった相を持つ人は体調管理によほど気をつける必要がある。

体を冷やさないようにし、暴飲暴食を避け、夜更かしをやめ、食べ物をよく噛んで食べ・・・・。
およそ体にいいといわれるような事を積極的に実施していく必要があるタイプと言えますね。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました