金星帯

折り重なった金星帯の中に星がある

折り重なった金星帯の中に星がある

基本解説

金星帯が画像のように細かい線で複数刻まれるようなタイプは、性に対して開放的な人と言えます。
誰とでも関わり合い体を重ねてしまう、そんなただれた恋愛関係を暗示する相。
それだけ、魅力的な刀のでしょう。
女性ならば肉付きがよくグラマーで、異性を惑わしてしまうタイプなのかもしれませんね。

もしこういった金帯の中に、星が現れている場合は要注意。

性病の相とされています。
もし自覚症状があるならば、すぐ病院へ。

ストーリー解説

折り重なった金星帯の中に星がある
ているさん
ているさん

さて、今回は恋愛・結婚を交えた手相の見方について考えていきましょう。
お題の、金星帯+星を持つ人なので、手相の持ち主は淫乱ビッチ淑女という設定です。
旦那様の前では淑女を演じ、影ではキャッキャウフフのやりたい放題。
そういう人いますよね。
そこのアナタ!なんで目をそらすんですか?

手相の見方ここにあり!あくまちゃん@
あくまちゃん

えっ・・・わっ・・・私ぃっ??
あ、あの・・・・えっちなのはいけないと思います!

ているさん
ているさん

(ネタ古・・・筆者の年齢バレるわよねこれ)
この手相の持ち主は、月丘から生じた青色の運命線と、それに付随した水色のパートナー線があるから、よい伴侶に恵まれたんだね。
月丘から生じた水色の運命線は、他人からの支援を意味するし、パートナー線はその名の通りパートナーから受ける良い影響を表すんだ。
時期的に20代中盤から35歳手前頃まで、この良い相手との関係が続くみたいね。

手相の見方ここにあり!あくまちゃん@
あくまちゃん

愛し合いされ・・・いいですよねっ。
はっ!(私はキャラ的に淫乱ビッチキャラとしての働きもしないといけないんだった)
あ・・・あの・・・コマネチ!

ているさん
ているさん

いーよ無理しなくて。
おっぱいキャラ担当は別に雇う予定だから!
んで、この人の結婚線を見ると末端がY型に分かれてる。
これは初期~中期まではパートナーとの関係が続くけど、途中でお互いの心が離れていく暗示なんだ。

手相の見方ここにあり!あくまちゃん@
あくまちゃん

愛は続かないんですね・・・・。
そういえば、赤色感情線切れているのって、離婚を意味する線でしたよね確か。
初婚に敗れるとかなんとか。

ているさん
ているさん

そうだねぇ。この人の厄介なところは、結婚線のY型からでた黒色妨害線が、運命線を切っているところだね。
せっかく良い相手との関係を続けられたのに、夜の遊びがバレて離婚するって感じの相だね。
生命線の内側に、生命線によりそうように伸びている紫色印象線も、この妨害線で切られてるね。
恋人や旦那様など影響力の強い相手との関係を表すのが印象線だけど、これらあわせて見ると離婚不可避といった感じだね。
びっちだししょうがないね。

手相の見方ここにあり!あくまちゃん@
あくまちゃん

はぇえ・・・びっちには人権ないんですか。
私もきをつけます・・・。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました