月丘に至る知能線と、ますかけ線が生じ二重知能線となっている

月丘に至る知能線と、ますかけ線が生じ二重知能線となっている

二重知能線は手相の中でも特に重要視される線です。
生命線・感情線・知能線の3大線は手相の中でも基本となる線ですが、そのうちのひとつを

司る知能線が2本生じている事からもその重要性が分かるでしょう。

二重知能線といってもその種類は様々なケースがあります。
簡単に言うとその一本一本の知能線の意味合いを併せ持つということになります。

二重知能線の持ち主は、一つの仕事に留まらず趣味や副業など多くの面で活躍できるほど、

資質に余裕があります。

ますかけ線を持つ人は頑固・強情・意地っ張りでありワンマンになりやすい欠点がありますが、事業を興すにはうってこいの資質を持つ。
極めて現実派で金銭を儲ける資質が強い。

これに加え、想像力豊かな月丘へ向かう知能線を伴うため、現実・精神のバランスが非常によく、あらゆる状況に対応できる特殊な才能を持つとされます。
お金儲けにはこれほど向く線は他にはないと言えるでしょう。

月丘に至る知能線と、ますかけ線が生じ二重知能線となっている

●ますかけと知能線をもつ人の手相ストーリー解説
さて、今回もストーリー解説といきましょう。
赤色のますかけ線と、青色の知能線を個別に持つこの方ですが、右手にこの手相がある場合、一見して変わった方という印象を受けると思います。
マスカケ線を持っている人は、こだわりがあり、頑固で意地っ張りな側面があります。
人に使われるという生き方が苦手で、組織の中で生きていくのは大変な方でしょう。

それを表すように、若年~30歳頃までは緑色の運命線が示すように、運勢が弱く安定しない。
組織の中で自分を殺して生きるという生き方が苦手なこの人は、青年時代までは苦労するでしょう。
その後、青色の運命線から新たに水色の運命線が出ます。
このタイプの二重知能線の場合、技術を持っているエンジニアに現れやすい手相なので、自分がなんになるべきなのかを35歳前後までに悟り、ようやく仕事が安定してきたという感じですね。
その後、赤色のマスカケ線と交わった点より、茶色の運命線が新たに強く出ます。
同時に、権威権力を握ることを表す灰色の木星線と、水色の成功を表す太陽線、そしてピンク色の財運線もがますかけ線より立ち上ります。
若い頃からの下積みの生き方は大変ではありましたが、技術を得、そして経営側にまわることで、成功を掴んだというわけですね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。