鬱病

鬱病を現す相に関して。

鬱を現す相で代表的なのは、「知能線の中央部分に明確な島が出る」というケース。
これは往々にして見かける相で、実際私も仕事により過度のストレスが貯まり、病院に通っていた頃に出たことがあります。
私の実際の経験から言うと、この島は精神的に不安定に鳴り始めた時期から生じ始め、抗欝剤を飲むようになると明確になっていきます。
抗欝剤を飲むに従い、消化器系の異常を現す細かい健康線が増え始め、手のひら全体へと広がっていきました。

私は手相をみて、「これはおかしい」と思い、抗欝剤を飲まないようにしたところ、これらの相は次第に消えていきました。
私個人の過去の経験から、手相上に異常を生じた以上、抗欝剤を飲むのは危険だと判断します。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。