生命線(写真解説)

大きく張り出した生命線(写真解説)

基本解説

大きく張り出した生命線は、それだけ生命力に満ち溢れている事を意味します。

大きく張り出した生命線(写真解説)


この写真のように、生命線が大きく張り出しているということは、それだけ生命線が長い状態であることを意味する。

この方の場合、赤色の矢印で記した部位が生命線ですね。
生命線自体が大変太く強いのも良い。

青矢印で示した部位は火星線
線がある人はとてもエネルギッシュで、普通の人の倍ほども生命力に満ち溢れているといえる。

大きく張り出した生命線(写真解説)


上の画像の人は一般的な生命線の形状。

上の写真と比べるとその太さ及び長さが違うことがわかると思います。
大きく張り出した生命線というのは、主に肉体労働者・スポーツマンに多く刻まれる相ですね。

肉付きがよく、体格自体もがっちりしている人に現れやすい。
また過去の鑑定の経験から、マッサージ師の人も大きく張り出した生命線を持つ人が多い。
手のひらをよく使うタイプの人は、手のひらの肉が発達しているため、肉付きもよくなるからなのでしょうね。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました