太陽線が知能線より生ずる

太陽線が知能線より生ずる

太陽線は「上から下に伸びる」という説と、「下から上に伸びる」という2つの説があります。

これはなかなか難しい問題ですが、個人的には「どちらもありえる」と思います。
即ち、太陽丘に単体で刻まれた太陽線は下向きに延びていく可能性がありますし、画像のように知能線から伸びる太陽線は上向きに伸びていくと考えるのが自然だからです。

太陽線が知能線より生ずると言うことは即ち、自身の力量・才能やアイデアにより、成功を掴む事を意味します。
人が考えつかないようなアイデアを形にし、成功を勝ち取って行くわけです。

このタイプの太陽線を持つ人は、知能線より生ずる運命線や、生命線より生ずる向上線(努力線)をあわせて持つことが多いようです。

知能線から延びる運命線は、流年的に考えれば35歳~の運命線となります。
人生において35歳頃というと、技術を積み重ねてきていよいよ独り立ちといった年齢になりますね。
若い頃から着実に技術を積み重ねてきた人が、いよいよその技術を社会的に認められる段階に入ったのだという事を、この太陽線は表しているのでしょう。

ただ大抵、こういった太陽線をもつ人というのは、昼夜を惜しまず技術の鍛錬に勤しんできた方でしょう。
並大抵の努力では、こういった太陽線は出てこないものです。

太陽線が知能線より生ずる

青色を運命線とし、知能線と運命線の交点より緑色の太陽線がでる。
自身の才能が30代中盤で開花し、努力もあって非常に強い開運が期待できる。r

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。