旅行線

旅行線

旅行線

基本解説

旅行線(りょこうせん)とは生命線下部から月丘に向けて流れる線のことです。

旅行線はその名の通り旅行に関する相で、国内旅行・海外旅行・転勤・左遷など移動に関する運勢を読みとることができます。

旅行線は、頻繁に旅行にでる人や、海外旅行に行く人、出生地を離れ年に数度しか故郷に帰れない人などに現れる傾向にあります。

旅行線は毛耗線で刻まれる場合や、生命線並に太い線で刻まれる場合など様々です。
太くなればなるほど、その意味合いが増すのは確かでしょう。
あまりにも薄く本数が多い場合、消耗線・疲労線という別の線の可能性もありますので、注意して下さい。

種類

・生命線の中央~上部から大きく張り出す旅行先
旅行線が生命線の上部付近から大きくはりだして刻まれる場合は、海外に移り住んだり故郷から遠く離れて暮らすことを暗示します。旅行線はこのように、裾野が大きく広がれば広がるほど、生まれ故郷から遠く離れる境遇になることを示すわけです。 旅行の規模が大きくなればなるほど、旅行線の開き具合が大きくなる傾向にあるようです。


・生命線の下部から生じた旅行先
生命線の下部付近から小さくはりだして刻まれる場合は、故郷から少し離れた地への転勤や転居を意味します。また、単に旅行好きなだけだったりもします。


・月丘に単独で立つ旅行先
手首線上あたりから月丘の上に直線で立つ線も、旅行先の一種です。

変化

旅行線になんらかの異常(切れ妨害線等)が生じている場合、旅行先・転勤先で災難・トラブルに巻き込まれる事を暗示する。

・旅行線にが出る。
また、旅行線につく星は旅先で受けるショッキングな出来事を表します。
それが良い意味か悪い意味かは他の線と総合して判断しなくてはなりません。


・旅行線にフィッシュが出る
旅行線につくフィッシュ(魚紋)は旅先で生じたなんらかの事が、人生を大きく好転させることを意味します。


・旅行先に島が出る
旅行先の上に現れる島は、旅先でのトラブルを意味します。島はどの位置にあっても「停滞」を意味するものですので、旅先でのトラブルが長引くことになります。仕事の都合で海外に行ったら、トラブルが長引いて中々家に帰れない状態になった・・・といった形です。


・旅行線に妨害線が出る
旅行線を遮るように妨害線が生じている場合、旅先でのトラブルを意味します。旅先でパスポートをなくすとか、予約した宿が取れておらず野宿する羽目になったりとか・・・。


・旅行線に✕印がでる
✕印は妨害線が2つ重なったものです。旅行線の上にバツ印がでる場合、旅先での重大なトラブルが起きることになります。このトラブルは危険で、例えば旅先で大怪我をするとか、最悪命を落とすような災害に巻き込まれると言った意味になります。


・旅行線に四角が出る
四角は「保護」を意味する線です。旅行線の上に現れた四角は、トラブルが起きるがその被害は最小限に抑えられるということになります。四角の中になにがあるかをよく観察してみましょう。例えば上で書いたような✕印や島などが四角により囲まれている場合、そういったトラブルの被害はすんでで避けられるか、被害を抑えられるという事になるわけです。

関連する相

・消耗線・疲労線
消耗線は旅行線とにた位置に生じますが、別の線です。生命線自体がフサのように枝分かれしているのが特徴です。生命線の勢いが減衰し、そこから旅行線のように月丘下部へと向けて走る特徴があります。長期的なストレスや投薬・飲酒などにより体力が消耗し、限界が近づいている状態を意味します。放縦線健康線など、健康面の悪化を意味する線が同時に現れるのが常です。

旅行線はその位置的に「疲労線」と混合しやすいのですが、
「疲労線は細かい線が生命線下部に複数本刻まれる」
「旅行線はやや太めの線で、生命線中央~下部から生じる」
点で区別をつけることができるでしょう

筆者の例

筆者の右手の旅行線。

単に旅行好きなこともありますが、転勤・出張がやたらに多く、転職も多いため一つのところにとどまることが難しい境遇でした。

旅行線

写真

旅行線
旅行線
旅行線

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました