月丘に至る知能線と、生命線から離れて生じた知能線がまっすぐ生じ二重知能線となっている

月丘に至る知能線と、生命線から離れて生じた知能線がまっすぐ生じ二重知能線となっている

二重知能線は手相の中でも特に重要視される線です。
生命線・感情線・知能線の3大線は手相の中でも基本となる線ですが、そのうちのひとつを司る知能線が2本生じている事からもその重要性が分かるでしょう。

二重知能線といってもその種類は様々なケースがあります。
簡単に言うとその一本一本の知能線の意味合いを併せ持つということになります。

二重知能線の持ち主は、一つの仕事に留まらず趣味や副業など多くの面で活躍できるほど、資質に余裕があります。
すなわち、図のように月丘に至る知能線は精神的傾向が強く想像力・美術力に長けるタイプの知能線。
これに加え、まっすぐ走るリーダータイプで現実派・頭の回転が速いといった知能線の意味合いが加わることで、頭の回転が速く物事を的確に判断でき、かつ想像力に富んであらゆる状況に対応できる資質を持つと見ます。

月丘に至る知能線と、生命線から離れて生じた知能線がまっすぐ生じ二重知能線となっている

●リーダータイプの知能線と標準知能線の二重知能線に関するストーリー解説
さてさて、今回もやってきましたストーリー解説。
今回は、青色のリーダータイプの知能線と、一般人としての赤色の知能線の2つを持つ二重知能線の方の手相を、ストーリーだてて解説していきます。

まずは、緑色の運命線が月丘から生じますが、これは他者からの支援を暗示する運命線です。
ただ、運命線の色が薄く、かつ切れ切れであるために、自分の運勢が周りの采配により左右されやすく、決して安定的な運勢とは言えない状態が~35才頃まで続いた。
それを表すように、生命線の上には悲哀線が放射状に数本ある。内心、不安定な境遇に嫌気が差し、ストレスを感じ続けていたことでしょう。

こんな彼ですが35才頃に転機がやってきます。
丁度、赤色の知能線が暗示する標準的な才知が35才頃より芽生え、新たに水色の運命線を生じているのが描かれています。
35歳以降は他人の力を頼ることなく、自分の力で運勢を切り開いていくようになるというわけですね。

その後、40歳頃に青色のリーダータイプの知能線より新たに黄緑色の運命線が生じます。
リーダーとしての資質に目覚め、新たな運勢を開拓することになりますが、40歳頃、知能線と運命線の交点から太陽線・財運線が出ていますね。
本人の知識・スキルがいかんなく発揮され、名声・成功・財運を得る「開運線」と呼ばれる線です。

よって、35歳以降、この方は自身の才能を生かして晩年まで活躍されることでしょう。
40歳以降は運命線が二本あるので、複数の仕事をかけもつか、仕事と趣味など複数の分野で活躍されるでしょうね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。