運命線に対し補佐する生命線の支線(写真解説)

生命線が短いということは、ある時期より生命力・活力・生活力に乏しい状態になる可能性があるというわけです。

運命線に対し補佐する生命線の支線(写真解説)

ただし、画像のように、短い生命線から運命線へとリンクする線が出ていれば、それほど気にする必要はない。

運命線に対し補佐する生命線の支線(写真解説)

赤色のものが生命線で、標準的な状態から見るとやや短い。
が、緑色のリンク線が生命線の途中から流れだし、青色の矢印で示した運命線へとリンクする。

このタイプの線を持つ人は弱い生命線を運命線の暗示する運勢が補佐してくれる事を意味する。

社会に出て活動し、行動することで生命力を増していくタイプの相とも言えますね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。