太陽線

長い太陽線が月丘に至る

長い太陽線が生命線に至る

基本解説

長い太陽線は強い名声を意味する物ですが、月丘に至る場合その名声は大衆からの名声を現しています。

芸術・芸能方面への適正を持ち、多くの人から喝采されるような成功を意味しますが、大衆からの名声に左右されるため、その成功は不安定なものとなるでしょう。
俳優・芸能人・芸人・芸術家・歌手などにこの太陽線が明確に太く刻まれている場合、その成功は力強い物となるでしょう。

「他人の力を使って大成功!」
確かに自分自身は労せず、成功を収めてしまう・・・これほど楽なことはないですよね。
ただ、この相を持つ人には決定的な弱点が生じます。

私の知っている老人にこの線をもつ人が居ます。
この人は非常に口が達者で、その口に乗せられて周りが動かざるを得ないような境遇に追い込まれていきます。
口が達者故に理論武装も完璧で、声も大きく会議ではどんな相手にも食い下がらず、自分の意見を貫き通し、周りを動かしていきます。
もとは大工場を切り盛りしていた工場長ということで、体も大きく覇気もあり、行動力もあるリーダーといえるでしょう。

ですが、その人は裏では毛虫のごとく嫌われており、「あの人になにか言うと面倒なことになるから」と周りが非常に気を遣っています。
残念なことに、このひとは「はだかの王様」になってしまっているのです。

また、基本的に他人を動かすことで立身出世していく人でありますから、残念なことに自身の技術・スキルが育っていない。
その方は恐らく業者を口で動かしてきた人なのでしょう、一緒に仕事をしてトラブル対応をするときに、その人の仕事の仕方は技術屋の私からみて非常に危なっかしいことこの上ない・・・。

そう、このタイプの太陽線を持つ人の最大の弱点は、周りが助けてくれる・動いてくれるせいで、「自身の技術・スキルレベルが育たない」という点。
それと、この方のように自分の口車で他人を動かしていくことに疑問を持たないため、周りがその人の面倒事に関わりたくないが為に、本当のことを言わなくなる=裸の王様になる、という点に尽きます。

月丘へと至る太陽線は、どの手相書を見ても最上の太陽線と記されていますが、今回の私のコラムに書いたように、どんな良相にも悪い一面はあるのだ、ということを覚えておいてください。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました