知能線の中央部分に島(アイランド)がある

知能線の中央部分に島がある場合は、激しいストレスによる精神病・鬱病を患っていると言われる説と、目を酷使することによる眼病・眼精疲労を現すという説があります。
筆者もこの位置に島があるのですが、確かに過度のストレスを受けていた頃からこの相が生じてきました。
また、同時に視力が著しく落ちてきたのも同じ時期だったのです。

ストレスにより仕事ができなくなり、半年間の休職をとった後、この島はかなり薄くなっていました。
この相が特徴的なのが、あまり変化しないと思われる知能線に突如として現れた点です。
私の知能線はかなり彫りが深く強い物なので滅多なことでは変化が見られなかったのですが、過度のストレスを受ける環境に置かれ3ヶ月後にはこの相が生じていました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。