知能線・頭脳線

短い知能線

短い知能線

基本解説

短い知能線を持つ方は「線が短いから良くない」と思われがちですが、知能線に限って言えばその法則は当てはまりません。

短い知能線は物事を熟考することは苦手なものの、即座に行動に移すことができるためチャンスを逃しません。
長い知能線は物事を深く突き詰めて考えるため失敗は少ないのですが、行動に移すまでに時間がかかるためチャンスを逃しがちになります。
現代ビジネス社会のようにスピーディーに行動に移して行かなくてはならないようなケースが多い場合、短い知能線の方がより活躍できる機会が多いとも言えます。

ただし、知能線の善し悪しは線の強さ・堀の深さ・明確さで決まるため、線の状態が悪い場合は大きな失敗を招く恐れが高いのだと言うことも頭に入れておいた方が良いでしょう。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました