財運線(水星線)が三つ又になっている

財運線が三つ又になっている

財運線がフォークのように三つ又になっているようなケースを見たら、その人は非常に恵まれた金運の持ち主であると言えるでしょう。
太陽線の項目でも述べましたが、三つ又に分かれた線はその線の影響を最大限に強めるためです。

財運線の場合、人並みはずれた財運を得ることを暗示させるものですが、線事態が弱くかすれて見えない程度の財運線の場合はその意味とは逆で、散財しやすく収入が安定しないことを表します。

大原則として、線が明確で堀が深い線であることが必要なのです。

また、力強い運命線、および太陽線を伴っていなければなりません。

まぁ基本的に、この手の線を見ることはないでしょう。
財運線自体が細く薄いのが常ですし、運命線のごとく明瞭に刻まれている人は、例えば地主だったり、事業者だったり政治家だったりと、それなりの地位の人のはずです。
三叉の財運線を持つということは、それは一般人には考えもつかないほどの財運を持つことになるでしょうね。

2件のコメント

  • とつぜんですみません。私の夫の手相に、はおうせんが出てざいうんせんの先が、フオークしょうになっているので、とても、驚いています。

    • すごいですね!
      くっきりしているならいい相とおもいますよ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。