A:手相の奥義

引き立て線には2種類ある

引き立て線には2種類ある

基本解説

さて、まれに「引き立て線」で検索されて当サイトにこられる方がおられます。
他者からの引き立てにあい、立場が向上していくという吉相である引き立て線ですが、実を言うと引き立て線には「2種類」あるんですね。

当サイトで当初紹介していたのは、青色の線で示した人差し指の下の木星丘に生じている「引き立て線」でした。
ですが引き立て線にはもう一つ有り、赤色の線で示した月丘に刻まれる「引き立て線」もあります。
それぞれの意味について説明していきましょう。

まず始めに、木丘に刻まれる引き立て線です。
木星丘に斜めに刻まれる短い線を引き立て線としております。
その本数が多いほど、多くの方からの引き立てをうけることを意味します。
木星丘は「権力」「支配力」を意味する丘ですから、この位置に現れる引き立て線は、権力者からの引き立てを受けることを意味していますね。
具体的に言えば上司であったり、課長・部長といった自分より立場の上の人たちからの引き立てです。

次に、月丘に現れる引き立て線についてです。
月丘に斜めに刻まれる青色で示す短い線を引き立て線とし、その本数が多いほど他者からのひきたてを受けるわけです。
月丘は「他人」を意味する丘でありますから、見ず知らずの他人からの引き立てや、友人たちからの支援を意味しているわけです。
その本数が多いほど、支援者が多くなりますね。
このタイプの引き立て線は、他者からの関係が深まれば深まるほどに伸び、ついには運命線へと繋がる(緑色の線)ことがあります。
これを「寵愛線」といい、有力な他者からの影響により、運勢に大きな影響を及ぼすことを意味します。

月丘に刻まれる引き立て線は、アイドルや歌手・タレントなど大衆からの人気が必要な職業の方には必要不可欠な相といえます。

筆者の例

さて、筆者の例で書いていきます。

私がこのサイトを立ち上げてしばらくすると、手相のサイトが私のサイト以外に1つしかないような状態だったため、アクセスが集中しました。
また有料で始めた手相鑑定も100人待ちというような状態が続いており、非常に「人気が集まっている状態」であった事を覚えています。

実際、広告掲載の依頼やマスコミからの依頼も来ていた時期で、人生の中でも最も輝いていた時期かな、と思います。

そんな華やいでいた時期に私の左手には数本の人気線がありました。
やはり、人からの人気を得られている時期に人気線が出るというのは、間違いないですね。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました