マネジメント線

マネジメント線

マネジメント線

基本解説

マネジメント線とは、人差し指下、すなわち木星丘の下部に刻まれる弓形の相です。

これは人や物を管理する才能が有ることをしめしているものです。
管理職など、人を管理する立場に立つと実力を発揮することができるでしょう。

マネジメント線は比較的強く表れる線ですが、確実にマネジメント線だと断言できるものは、画像のように弓形に2本刻まれるものです。

この線は、若い頃は刻まれていないケースがままあります。

というのも、私は若い頃はマネジメント線が全くありませんでしたが、40歳を迎えて発電所の管理運営を任される立場になってきた頃には、このマネジメント線が生じています。

ストーリー解説

マネジメント線
おかねちゃん

マネー・・・・。

どうしたのおかねちゃん。
物欲しそうに空を眺めて・・・。
危ない人かな。

働くふりをすれども
働くふりをすれども
暮らし楽にならず
そっと手を見る。

お金ほしいなら、働かないとだめだと思うよ^w^;
ということで、今回はマネージメント線とその他の似たような線について解説するね。
まずは画像の線。
(1)ソロモン環水色
(2) マネージメント線 (赤色
(3)火星環緑色
(4)生命線内側から登る運命線パープル
(5)生命線から登る太陽線朱色

待ってくれたまえ 言葉の洪水をワッといっきにあびせかけるのは!
(札束を数えながら)

ガンガン解説しないと内容的に終わんないんよ。
(1)ソロモン環(2)マネージメント線が刻まれる部位は「木丘」って言って、権力・支配力を意味するんだ。
なので、基本的に木星丘もしくは木星丘と土星丘の間付近にいきつく線はみな、権威・権力を握る暗示になるよ。

権威・・権力・・・パワーイズマネー!
やっぱり結婚するなら年収1000万以上 毎月30万くらいお小遣いくれる20代の高身長イケメンがいいよね!

お、おう・・・・。
手相の極意として、月丘の底部を最も遠い「他人」とし、生命線を「自身」とし、木星丘を「権力者」とする。
故に、ソロモン環は起点を「木星丘」の最も高い位置から生じているから「非常に高い権力者」からの強い影響を表す。
だから激レア相なんだ。

旦那にするなら石油王ってことだね。

そうだねプロテインだね。
今回紹介しているマネージメント線も似た性質だけど、生命線を起点とするから自身の努力によって権力を掴むって意味になるね。
千金紋という相と分けて考えているサイトもあるけど、自分は本質的に同じものと見てるよ。

千金・・・・・紋!
(目が輝く)
ぷるぷるぷる・・・・。

(やべーやべー)
上の原則から、緑色の火星環は「闘争」を意味する第一火星丘から生じているから、混乱と戦乱の中から運気をつかむ。
パープルの運命線は「身内・家族」を意味する金星丘から生じているから、家族からの支援で運勢を掴む。
赤色の運命線は、「自身」を意味する生命線から生じてるから、自分自身の力で成功を掴むって感じ。
手相は起点と終点を見て、その位置の意味を知ってると、大体その線の持つ意味はつかめるのよ。

ぷるぷるぷる・・・・。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました