生命線(写真解説)

生命線についての写真入り解説です。

生命線(写真解説)

生命線は、その太さが増せば増すほど、生命力が強いことを意味します。
工事現場で働いている人や、鍛造工場などの過酷な労働環境におかれている人の生命線を見ると、とても強く太く刻まれているケースが見られます。
この画像のように、一本明瞭に刻まれているのが最も理想的ですね。

生命線(写真解説)


逆に、この画像のように生命線本体が明瞭でない場合は、生命力が弱っていることを意味するわけです。
ただ、生命線が弱いからといって即、寿命が短いかと言われればそうではありません。

両手の生命線が弱く、かつ知能線が劣性(鎖状・島状・切れなど)であり、かつ放縦線が生命線を切っている状態で、なおかつ運命線が妨害線や☓印で止まるなどの異常があった場合、複合的に見て「短命の相」と判断することはあります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。