太陽線

細く薄い太陽線

細く薄い太陽線

基本解説

太陽線は刻まれているだけでも社会的評価を得られる暗示です。

例え薄く細い太陽線といえども例外ではなく、全く刻まれていないよりも良いと言えます。
ただしそれでも線が一本で刻まれていることが必要で、複数本の細かい線が折り重なるように刻まれている場合、出費が多く安定しない名声を意味します。

細く薄い太陽線

太陽線は変化しやすい線で、本人の名声の状態によって濃くも薄くもなり、また線が一本の線になったり線に乱れが生じたりします。
特に画像のように細く、目を凝らさないとわからないほどのものは、消えてしまうこともアリ得るわけですね。

太陽線は当人の努力や環境によって非常に大きく変化するものですが、基本的に若い頃は無いか太陽丘に単体で、薄く生じている状態から、徐々に伸びていき、色もくっきりとなっていき、最終的には月丘へと伸びるほど強く明瞭なものに成長していく、という特徴があります。

上の画像の例で述べれば、社会にでる~20歳くらいまでは赤色の、あるかないかわからないほどの細かい太陽線が普通です。
ただし、学生時代に大変成績が優秀であったり、スポーツが優秀で周りからの注目を若い頃から集め続けていたような人は、当然太陽線もはっきりしているでしょう。

これが、社会に出て仕事を続けていくうちに太陽丘上で徐々にはっきりとしていきます。
凡人ではこの太陽線程度のものまでいけば良い方でしょう。

これ以上のびる、例えば緑色のように下向きに伸びて遂には感情線をも突き抜けてしまったような場合は、世間一般から見ても成功している人、という状態になります。

最終的に、明瞭にくっきりと伸びた太陽線が青色の運命線のように手首の上ほどまでに伸びれば、その人の名声は世界に轟くほどとなっていることでしょう。
ここまで来ると、有名な政治家か歌手やタレントなど、周りから一目置かれる存在であることは間違いないでしょうね。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました