手相と爪

手相は手のひらに刻まれる線のみを見て判断するものではありません。

例えば、
・財運線が仮に無くても、財運線が刻まれる場所である水星丘の発達が良好ならば、本質的には強い財運を持つ。
・親指がよく反るならば人当たりの良い人、反らないならば頑固者
・鑑定する際に手を広げて出す人は開放的、手をすぼめて出す人は内向的
・小指が短ければ生殖器系になんらかの異常がある
などなど、奥が深い物です。

ここでは「爪」に関して記述していきます。

「え、爪?爪なんて見てなにが分かるの?」と思われるかも知れませんが、1ヶ月~4ヶ月程の短期的な未来を推測するには爪は最高の材料になります

●爪の基本
爪の良し悪しはぱっと見ただけで分かると思いますが、傷がなく艶があり、桃色を帯びているものです。
逆にしろっぽ過ぎたり、茶黒かったり、縦溝・横溝があったり、形が崩れていたりすれば、それは悪い意味となります。

●爪と健康
爪は健康と関係が深いです。
爪の縦溝・横溝は内臓疾患を意味します。
脊椎の異常は爪の形状を崩すと言われています。

●爪と幸不幸
爪には時として白点や黒点が現れることがあります。
白点は幸運な出来事、黒点は不幸な出来事を意味します。

●爪と流年法
爪は、およそ4ヶ月~半年ほどで生え変わります。
これは代謝の良い人ほど早く、遅い人ほど遅くなる傾向にあります。
退社の良し悪しは、爪の付け根の半月部をみればすぐに分かり、半月が大きい人は新陳代謝が早く、半月が小さいか、見えない人は新陳代謝が遅くなります。
故に爪の流年法は人によって変わる、と言えるわけです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。