手相家泣かせ

手相家泣かせの相

手相家泣かせの相

基本解説

手相鑑定を行っていると、「なんじゃこりゃ?」と頭を傾げざるを得ないような不思議な相に出会うことがあります。
これは知能線だろうか運命線だろうか。
あちこちの線が走り過ぎていてどれがどれだか・・・・。

そんな時、どうしたらいいのか。
ここでは実際にあった「手相家泣かせ」と言われれるような手相について考えていきたいと思います。

種類

手相家泣かせの相としては様々なパターンがあります。違う線なのは分かるのに、どちらの線だろう・・・?と悩む代表的なものとしては下記のものですね。

・知能線と運命線の混合
知能線が急激に垂下するタイプと、月丘から生じる運命線を混合することがあります。

生命線と運命線の混合
強い生命線+火星線と、運命線を混合することがあります。

ますかけ線と感情線
マスカケ線と感情線の関係を勘違いすることがあります。

・ますかけ線と知能線
マスカケ線と知能線の関係を勘違いすることがあります。

・線の数が多すぎて判断できない
あまりにも線の数が多すぎて、線を見ても判断できない場合があります。

旅行線疲労線
生命線の中腹よりでる旅行線と、中腹より乱れる疲労線とを混合することがあります。

災害線と運命線
中指下から垂下する災害線と、中指下に向かう運命線を混合することがあります。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました