手相家泣かせの相

手相鑑定を行っていると、「なんじゃこりゃ?」と頭を傾げざるを得ないような不思議な相に出会うことがあります。
これは知能\線だろうか運命線だろうか。
あちこちの線が走り過ぎていてどれがどれだか・・・・。

そんな時、どうしたらいいのか。
ここでは実際にあった「手相家泣かせ」と言われれるような手相について考えていきたいと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です