知能線・頭脳線

知能線の末端の下に線が出る

知能線の末端の下に線が出る

基本解説

知能線の末端部分は比較的変化しやすい部分です。

この部位は支線が出たり、切れたりと変化しやすいのですが、画像のように知能線末端の下に並行するように線がでた場合、ネガティブな考えを持つ状態に陥っている事を示します。
物事を悪く考えがちで、鬱病や精神的不安・パニック障害などを持病にされている方に現れているケースがあります。

特に知能線の本体の状態が悪く、例えばウネッていたり、かすれていたり、乱れていたり、があったりすると、その傾向は強くなります。
知能線は変化しにくい線ではありますが、長期間ストレスを感じるような職場にいたり、パワハラを受けたり、虐待を受けたりと言った精神的なストレスがかかると、明瞭であった知能線が徐々に乱れ始め、ついには状態になったり、島が出てきたりと、悪い変化をしていきます。
それに付随して、末端部に支線が増えたり、切れ目が生じたりと言った様々な変化を生じていくものです。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました