運命線

運命線上に星マークがある

運命線上に星マークがある

基本解説

運命線上のマークは「ショッキングな出来事」を暗示する相です。

この場合の「ショッキングな出来事」とは良い事か悪いことか・・・それは起きてみないと分かりません。
ただし、この星の前後の運命線の状態によって、このショッキングな出来事があなたの運勢にとって良いことを招くか悪いことを招くかは推測できます。

もしも星が生じる前の運命線が強く、星が出た後の運命線が細い場合、その衝撃的な出来事によりあなたの運勢を落とすような出来事が生じる、と読み取れるわけです。

逆に、星が生じる手前の運命線が細く、星以降の運命線が太い場合は、衝撃的な出来事が生じた後、運勢が劇的に好転していくことを意味しています。

そのショッキングな出来事がどのような方面から来るのかは、その星の支線がどの位置から出ているかによって判断出来ます。

例えば、月丘方面より線が出て星に流れ込むような形の場合、他者からの強い支援があり運勢が劇的に変化することを意味します。

親指の付け根である金星丘より線が生じて星へと流れ込めば、身内・家族からの影響により運勢が劇的に変化するでしょう。

また、この星より太陽線が伸びて太陽丘へと至るような場合、その衝撃的な出来事をきっかけとして運勢が開花。
その後、運勢が劇的に変化し、幸運な人生を歩むことを意味するものです。

私の経験上、この星という相は割と変化が激しい相です。
星は突如として現れるものではなく、星を形成する線が、少しずつ増えていき、幸運の1年前には完全に星を形成します。

このように手相は変化していくものなので、日々自分の手相をよく観察する必要があるでしょう。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました