生命線(写真解説)

切れた生命線が外側に補佐する(写真解説)

基本解説

生命線切れるということは、生活上・運勢上に大きな変動が訪れることを暗示するものです。

けれども、一口に生命線の切れといっても様々ありますね。

切れた生命線が外側に補佐する(写真解説)
切れた生命線が外側に補佐する(写真解説)

この画像の方のように、切れた箇所から外側に生命線が補佐しているような場合は、それほど大きな運勢上・生活上の変化はしょうじない。

生命線の切れに劣性・良性があるならば、良性の部類。

この方の場合だと生命線が切れた後、再び内側に生命線が生じている状態で、再び生じた生命線自体がなかなか強いため、それほど大きな変化は生じないことを表す。

そうそう、生命線の異常を見る上で重要なことがあります。
仮に画像のように生命線上に切れが生じている場合、もう片方の手の同じ部位を見て異常がないかを確認してください。
両手ともの切れているならば、その相の表す意味は確定的となります。
すなわち、生命線の切れが生じている部位を生命線の流年法で確認し、その切れている年代に大きな生活上の変化が訪れるということ。
画像のように外側に生命線が補佐する場合は生活上の変化を表すものでしょうが、仮に内側に補佐するような場合は・・・・。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました