太陽線が三つ叉に分かれる(フォーク状)

太陽線が三つ叉に分かれる(フォーク状)

太陽線は刻まれているだけでも社会的評価は高いと言えますが、この図のように太陽線から支線がでるケースでは、太陽線の持つ力が更に高められることを意味します。
太陽線の中でも最上級の線と呼ばれますが、線自体が弱い物だと、移り気で安定しないといった意味合いとなりますので注意が必要です。

逆に中心の線が非常に明確に刻まれており、支線もよい線ならば大変良い線だと言えます。

運命線にせよ太陽線にせよ、財運線にせよ、「三叉に分かれる」というのは非常に良い相とされます。
ただしその分かれた先が弱くなっているようだと、かえって運勢を落とすといわざるをえません。

太陽線が三つ叉に分かれる(フォーク状)

例えば、赤色のように強力な線であって、その末端がフォークのように分かれていても、分かれた先の線が弱かったり切れ切れであったりしていれば、さながら大河が巨石に遮られるかの如く、運勢が落ち込む暗示であります。

フォーク状に分かれる線が良相と見込めるのは、青色のようにフォーク分かれした後の線が明瞭であるものです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。