太陽線上に島(アイランド)がある

太陽線上に島(アイランド)がある

線の上に刻まれる悪相としては、「島・×・妨害線」などが上げられます。
太陽線の上に刻まれるこれらの相も例外ではなく、太陽線上に刻まれる島は名声に傷が付くことを表しています。
島はやや長期に渡り名声に傷が付くことを表しています。
不名誉な自体が生じたり、失脚・失敗・損失が生じる暗示です。

太陽線の流年法(この場合は運命線と同列に見る)で見て、島よりも上の太陽線が明確に刻まれているならば、名声を回復することが出来るでしょう。

太陽線の上に島がある時期というのは、辛いものです。
私もかつて、仕事上の失敗により責任を取らされる形で会社を退職しています。
仕事ではトラブルが続き、精神的にも肉体的にも負担がかかり、いわゆる「燃え尽き症候群」となりました。
自身が必死に頑張ったことがトラブルに発展したこともあって、「じゃぁどうすりゃいいのよ・・・」と身動きが取れない状態に。
かつては協力的であった同僚や友人たちも最後には「お前が悪い」と裏切られ、私は役職を解かれ、最底辺の現場へと飛ばされます。
結局私は自主退社し無職に・・。
こういった惨めな境遇の時に、左手の太陽線に島が現れていたことを、わたしははっきりと覚えています。

いまでさえこの島は消失しましたが、この島が消えるのに10年あまりの歳月がかかりました。
ただ、ここで言えるのは、「太陽線は変化が激しい」ということ。
上で述べたように、たとえ今は島が出ていても、状況が好転していくに従い、島が消えていくことだって十分ありえるってことです。
なので、もしも太陽線に島が現れており、実際現在の仕事状況が芳しく無くて辛い思いをされている方は、あきらめないことです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。