太陽線

強い運命線に対して、細く薄い太陽線が刻まれている

強い運命線に対して、細く薄い太陽線が刻まれている

基本解説

太陽線は刻まれているだけでも標準よりは良い境遇に立てる事を意味します。
図のように、力強い運命線に対して細く薄い太陽線が刻まれている場合、本人の力強い運勢が社会的に評価され始めている事を意味します。
さらに社会的に認められるよう行動することで、太陽線は太く長く成長していくのです。

太陽線ははじめから刻まれているものではなく、その人の社会的境遇の変化によって、後天的に変化していくものです。
ときには良く、ときには悪く変わっていく線で、その変化は割と大きいですね。
私の場合、30代には存在していなかった太陽線が40歳には新たに生じて2本目の太陽線になっているほどです。
故に、「太陽線がない」とか「太陽線が薄い」といった悩みをもつ方は多くおられると思いますが、自身の活躍できるような環境に身を置くとか、努力して運勢を変えていくとか、そういった状況の変化により太陽線も変化するので、落胆する必要はないのです。
現在太陽線が見当たらず悲しんでいる人は、掌をよく観察してください。
「太陽線の卵」と言えるような、太陽線の前段階の相があるかもしれませんよ。

変化

強い運命線に対して、細く薄い太陽線が刻まれている

太陽線の卵。
・青色を運命線とすれば、赤色は知能線・運命線の交点から生じ始めている「開運線」と呼ばれる太陽線の出始め。小さな分岐でも、自身の努力次第で大きく育つ。
・薄紫は知能線から生じ始めている太陽線の卵。新たな才能が芽生えはじめ、それが自身の成功に結びつく。
・水色は生命線からの太陽線の卵。継続的な努力がやがて実を結ぶが、まだその努力は始まったばかりだ。
・緑色は太陽丘単体に刻まれ始めた太陽線。社会人としての成功の道を歩み始めた段階。



コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました